BLOG

2021.09.17

【施設】エクシブ京都八瀬離宮

エクシブ京都八瀬離宮 隠れた行の庭はここに

朝食を済ませたクラベールは本来なら、今頃は名古屋辺りを走っていたはずでしたが、おそらく神様が働ぎ過ぎだぞ。と言ってくれたお蔭かどうかわかりませんが、ホテル敷地内を散歩するのです。
このエクシブ京都八瀬離宮には昨日のブログでご紹介した草の庭の他にも、現在クラベールが散歩をしている行の庭があります。

この行の庭は書体で表す所の行書体。左右対称のシンメトリーの中に小宇宙を想起させる浮島の植栽は軸線から若干ずらして配置されています。昼間はイタリアンレストランジョバーノから水盤や水路の景観を楽しめ、夕暮れ時にはロビーラウンジよりライトアップされた幻想的な空間を楽しむ事が出来ます。
この行の庭の話をもう少しすると昨晩クラベールが体と心にしばしの休息を与えたスパにも、2つの行の庭があります。

一つ目が内風呂から望む景観。こちらも左右対称のシンメトリーの庭の中に一本の木が少しずらして配置されています。このエクシブ京都八瀬離宮の敷地は京都中心地からは離れた場所にありますが、周囲には民家などがあり決して景観が素晴らしい場所とは言い難い場所なのですが、エクシブ湯河原離宮のスパもこのようにすれば良かったのではないだろうか。
つまり周囲を全て壁で囲い、囲まれた空間だけの庭を楽しむ事が出来るようにする。京都のスパも湯河原のスパも遠くまで見渡せるのは事は出来ませんが、エクシブ京都八瀬離宮スパの方が数段非日常を感じられるし、解放感を感じる事が出来る。

スパは心の癒しも含まれるという事も考えるとエクシブ京都のスパの方が断然素晴らしい。
この行の庭はスパ内部のリラクゼーションスペースでも見る事が出来ます。残念ながら現在はコロナ禍のために寛ぐためのベッドは撤去されていますが、普段ならこちらでゆっくりと寛ぐ事が出来ます。
もう急いで帰る必要もなくなったので再びスパに入るのです。

tags: 大浴場,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.