BLOG

2022.06.09

【施設】ラグーナベイコート倶楽部

中古ラグジュアリースイート会員権で行くラグーナベイコートの旅 PART3

今回、クラベールが宿泊させていただいたお部屋はラグーナベイコート倶楽部のラグジュアリースイート4名定員のお部屋になります。
以前、宿泊させていただいた時がベイスイート4名定員のお部屋になるので、興味のある方は同じ4名定員のお部屋でもベイスイートとラグジュアリースイートでは、お部屋がどのように異なるか比較してみても良いかもしれません。

ラグーナベイコート倶楽部ベイスイートのお部屋ブログはこちら

今回クラベールが宿泊したこちらのラグジュアリースイートはベイコート倶楽部のラグジュアリースイート、もしくはエクシブ会員権のスイート、離宮シリーズではECタイプ以上の会員権であれば交換利用して宿泊する事が出来ますのでご参考下さい。
ラグーナベイコート倶楽部は階数によって若干景観の良し悪しはありますが、ほぼどちらのお部屋に宿泊しても景観は同じになります。EAST WINGは海が一望できる景観。WEST WINGはマリーナを望む事が出来る景観となり、景観は多少好みがあると思います。

ベッドルームは2つあります。こちらが1つ目のベッドルームですが、窓があり遠くまで海を見渡す事が出来ます。
ラグジュアリースイートの4名定員のお部屋は厳密には4タイプありますが、その4タイプ全てが今回クラベールが宿泊したこちらのお部屋とほぼ一緒と考えて構いません。若干広い、狭いなどありますがお部屋の間取り、仕様、内装などほぼ一緒になります。
せっかくこんなに広いお部屋なのに、何故かこのベッドルームでほとんどの時間を過ごしてしまうという貧乏性。

何故か、寝る前は家族そろって窓側のベッドルームで寝ていたのに、起きたら他家族はこちらのベッドルームで寝ていた。という家族に嫌われているのだろうか(笑)
どうやら、自分でも気づいていなかったのですが最近イビキをかくようです。そんなにうるさいのだろうか。

それにしてもラグーナベイコート倶楽部の2ベッドルームは窓ありベッドルームと窓なしベッドルームの落差が激しい。この2ベッドルームの窓あり窓なしの落差が激しいのは基本的にグレードに関わらず、ベイスイート、ラグジュアリースイート、ロイヤルスイートに共通します。

ロイヤルスイートの2ベッドルームの角部屋だけが例外で2つある内の両方とも窓があるベッドルームになるので覚えておくと良いのではないでしょうか。どうでも良いのですが、昨今のルームバリエーションの豊富さから来るルームチャージ料金の多様性は皆さんどうやって判別しているのだろうか。
Instagramでよく見る、鏡前でバスローブを着てインスタを載せている綺麗なお姉さんみたいにクラベールもやってみようかしら。
まったく今まで気にしていなかったのですが、この部屋風呂のフロアマットは大抵どちらのホテルに行かれても扉に掛けられています。ビジネスホテルなどは例外ですが。

何故、このフロアマットはバスルームの扉に掛けられているのか。ホテルというのは皆さん当たり前のように何も考えずに利用していますが、いろいろと考えられているのです。何故、このフロアマットはバスルームの扉に掛けられているのだろうか。という答えを導き出すのに数時間を費やしてしまいました。(笑)

tags: ラグジュアリースイート,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.