BLOG

2021.02.18

【施設】エクシブ湯河原離宮

中古Sタイプで行くエクシブ湯河原離宮再々訪の旅 大浴場編

もうこのエクシブ湯河原離宮の大浴場の紹介も3回目となると、何をテーマに書けば良いのかわからなくなりますが、過去2回のエクシブ湯河原離宮大浴場のご紹介は主に宿泊するお部屋によってバスローブが異なり、それぞれのバスローブを着て大浴場に行く事をテーマに書かせていただいたかと思いますが、今回は少し違った点でお話をしたいと思います。

既に多くの方はご存知かと思いますが、洗面スペースに用意されていた綿棒やブラシ類などは、コロナ感染予防のために撤去され受付で必要な物だけをリクエストし自分の分だけいただき利用するように変更されています。又、タオル類も通常時と異なり、ロッカーの中に用意されている。というように変更されています。
クラベールは綿棒だけをいただき早速、大浴場へと向かうのですが、いつからかわかりませんが、子供が親と一緒に入れる年齢が10歳までと決められたようです。つまり男の子のお子さんが母親と女性用の大浴場を利用出来るのは10歳まで、同様に女の子のお子さんが父親と一緒に男性用の大浴場に入れるのは10歳までとなります。
エクシブ湯河原離宮では4つの泉質が楽しむ事が出来ると言われていますが、正直クラベールには違いはよくわかりませんが、一応説明しておきます。

ご覧いただいているのが内風呂ですが、個人的に一番温まるのは内風呂のような気がしますが、まったく温泉に詳しくないのでご了承下さい。

岩風呂 
一番大きな露天風呂ですが、ナトリウム、カルシウム塩化物、硫酸塩温泉(アルカリ性)だそうです。秋から冬にかけて紅葉の葉が温泉の上を泳いでいるようにも見え情緒を感じる温泉となります。

月見の湯
一番奥にある丸い形の温泉ですが、こちらはアルカリ性単純泉という事です。温泉が出てくる箇所などが茶色に変色しているので効能があるんだろうと思います。(笑)

竹林の湯
露天スペースで一番手前にあり、唯一木製の湯舟になりますが、単純温泉です。湯舟の深さありませんので寝転びながら入ると良いかもしれません。

壺湯
泉質はナトリウム、カルシュウム、塩化物硫酸塩温泉(弱アルカリ性)という事です。こちらは夏目漱石の遺作である明暗の名がつけられています。あーこれから発表しようと思っていたタイトルがパクられとる。と先生が言ったかどうかは知りませんが、明暗と名付けられています。
クラベールは明暗に入りながら瞑想するのです。なんか最近クラベールブログでエクシブをシステムを学びましたが結局、他から購入しました。という人がいる。なんでだろう。迷走するのです。やはりクラベールブログも有料にするべきだろうか。(笑)
ちなみにですが、エクシブ湯河原離宮のSタイプ、SEタイプの客室の温泉はどうなっているのだろうか。という事ですが、1号棟の客室温泉はアルカリ単純泉。2号棟3号棟の客室温泉はナトリウム・カルシウム塩化物、硫酸塩物泉となります。

水道水が入っていてもおそらく気が付かないクラベールが温泉を語ってもなんの説得力はありませんが、次回、エクシブ湯河原離宮に行かれた際には、少しの違いを認識をして行かれるとありがたみも変わるかもしれません。

この露天風呂の配置ですが、当初の計画とは配置が逆になっています。当初手前から月見の湯、壺湯、岩風呂、竹林の湯が一番奥に配置される予定でしたが、竹林の湯、岩風呂、壺湯、月見の湯の順番に配列が変更されています。これは男性、女性両方とも配置を変更してますが、結果論として配置を変更したのは正解だったかと思われます。

最後にエクシブ湯河原離宮の客室のバスローブについてにの過去のブログを貼っておきますので、ご関心ある方は合わせてお読みください。

CBタイプのバスローブに関するブログはこちら

SEタイプ、Sタイプのバスローブに関するブログはこちら

tags: 大浴場,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.