BLOG

2017.06.03

【施設】エクシブ湯河原離宮

エクシブ湯河原離宮 大浴場編

今日はエクシブ湯河原離宮大浴場編になります。
正直この大浴場に関してはたくさんお話したい事があります。

エクシブ湯河原離宮の大浴場はエクシブ有馬離宮に引き続きお部屋に用意してあるバスローブで行くことが出来ます。

東京ベイコート倶楽部などでもこの方式を取っていますが、こちらのバスローブですが内側がタオル生地で出来た吸収性の高いもので外側が綿生地素材のデザインもとても可愛らしいものでした。
正直東京ベイコート倶楽部のバスローブよりデザイン、着心地などに置いて優れているものになります。
ただしこのバスローブですが又かよ。と思う方式を取っています。

ここまでお話するとエクシブ及びベイコート倶楽部のヘビーユーザーの方はお分かりかもしれませんが前回の有馬離宮の時もそうでしたが大浴場に行くと4つのパターンの恰好で来られているお客様がいる事にお気づきになるかもしれません。白色バスローブのお客様、よもぎ色バスローブのお客様、部屋備え付けパジャマのお客様、ご自身のお洋服のお客様です。

この方式は有馬離宮で体験済みでしたのですぐに理解出来ました。気になりましたので確認してみました。

CBタイプはよもぎ色バスローブ、SEタイプとSタイプは白色バスローブとなっています。毎度の事ですが、正直クラベールはこの方式は大嫌いです。一部色分けをしているのはリネン上の管理トラブルを防ぐ為という説明をしている営業さんがいるそうですが、クラベールからするとその前に努力してくださいが先です。

このブログをお読みいただいている方がどう思われているのかわかりませんし一般のお客様がこの事に気づいているのかどうかもわかりませんが、正直プラス要素なにもないと思います。この事でクレームを言う方はいないと思いますが、嫌な気持ちになる方はいらっしゃるかもしれません。

特にエクシブ湯河原離宮CBタイプを購入した方は後味の悪い帰りになるのでしゃないでしょうか。

確かにエクシブ湯河原離宮の全てのお部屋にバスローブを用意するのは大変な事かもしれませんが、今後何年と営業をしていく事を考えれば幾らでもないはずなのにと思います。すべての共通のバスローブにすればリネン上の管理で間違える事もありません。

次に大浴場ですが最初の感想がなんだこれという感じです。残念の一言に尽きます。エクシブホテルの歴史の中で見た事ないレベルです。エクシブを長年利用しているお客様なら同じ意見になるかと思います。まず大浴場受付デザインですが、なにがどうなったらこうなったのか考えれば考えるほどわかりません。
それ以上にひどいのが脱衣場です。絶句とはこの事でしょうか。
すごくチープな造りですし脱衣場の洗面スペースに関しては何故にここに作ったのかという感じになります。

一番の驚きは洗面スペース裏のベンチですがこのベンチは酷いです。病院の待合室かと思いました。
昨今経験した事ないレベルですね。エクシブ箱根離宮の大浴場がクラベール的にポイントが高かっただけに落差にがっかりします。

泉質はというと正直クラベールにはわかりません。ただせっかく上階に大浴場を配置したのに四方を竹柵で囲われていて眺望は何も楽しめません。この竹柵ですが気になったので触ってみましたがプラスチック製になります。
ロビーのお花は造花でもお金をかけるところにはお金をかけるそれがリゾートトラストでした。もう少し高級感のある造りに出来なかったのでしょうか。近くのスーパー銭湯なら十二分に合格レベルですが、エクシブに来てるお客様は非日常を楽しみにして来られている事を設計した方はまったく理解していません。

このバスローブの運用並びにスパの設計に関しては残念レベルを通り越して怒りと悲しみしかありませんでしたね。

次回はエクシブ湯河原離宮レストラン編へと続きます。

tags: CBタイプ,SEタイプ,Sタイプ,バスローブ,大浴場,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.