BLOG

2022.10.27

【施設】サンクチュアリコート日光

サンクチュアリコート日光 施設、景観の謎に迫る

本日はサンクチュアリコート日光視察旅最終回となります。

まずご覧いただきたいのがサンクチュアリコート日光建設予定地の上空画像となります。手前の下の部分に流れるのが鬼怒川となります。その鬼怒川と画像中央部辺りの左右に走る道路の間が開発予定地となります。実際はこちらの土地を上下に分けた上段部分、約半分ほどの土地の広さになります。
(Google Mapより)

右下部分に白い川べりが見えるかと思いますが、その上に3つの建物がご覧いただけると思います。そちらが急かご岩旅館跡地となります。おそらくなのですが、多くの新聞社などのリーリースによる旧かご岩旅館一帯の【一帯】というのが多く人が旧かご岩旅館跡地に建設される。と誤解を生んだ原因ではないでしょうか。

うーん。日本語って難しい(笑)

どうも土地取得時の時期がおかしいし、住所が違うし、どういう事なのだろうか?という事が現地に行ってよくわかった(笑)

ちなみにですが、今回のサンクチュアリコート日光ですが、斜面地となっています。つまりどういう事か?ホテルゲートを抜け、車寄せ、エントランス、まで来るとそこは三階になります。関東圏の方にわかりやすく説明するとエクシブ箱根離宮と同じ造りという事になります。関西圏の方すいません。

エクシブ箱根離宮も車寄せからエントランス、フロントなどは、三階ですよね。そこからSタイプのお部屋は1階、2階と下るのですが、それと同じ造りになっています。

ちなみに、ロビー、レストラン、ラウンジ、バー、ブティックなどは全てエクシブ箱根離宮と同じように3階に終結している造りとなります。駐車場は2階、大浴場は1階という事になるのですが、景観を大切にする大浴場を1階に持ってきているという点で、この施設の眺望の良さに自信があるのでしょう。

客室から望む景観はこのような感じになるかと思われます。

レストランや大浴場などから望む景観はこのような感じになるかと思われます。

お部屋によってはこのような景観の客室もあるかと思います。
つまり、このホテルの客室には、なんか、変な建物が見える。とかいう部屋はグレードに限らず存在しません。わがまま言うとゴルフ場の奥に見える鉄塔がなければ最高なのですが、流石にそれは贅沢の言い過ぎかもしれません。

全然売れない。とか全然お客さんが来ない。とか無縁の施設が完成するかと思いますが、果たしてサンクチュアリコート第四弾はあるのでしょうか。あるとしたらどこに出来るのでしょうか。
それにしてものどかな駅なのです。

本日のブログにてサンクチュアリコート日光視察旅の連載ブログは最終回となります。

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.