BLOG

2022.03.04

【運営会社】リゾートトラスト

高島、鬼怒川、横浜か

先日のブログ内でエクシブ六甲とサンクチュアリーコート高山の完売は時間の問題でしょう。というお話をさせていただきましたが、そうなると多くの方の興味は次期会員制ホテル開業施設はどこになるのだろうか?という事になるかと思います。

あっ。その前にクラベールが大阪中之島の次の次期ハイメディック施設はどこなのだろうか?という予想をしていたのですが、覚えていますでしょうか。

ハイメディック次期開業施設の予想ブログはこちら

まったくの偶然ですが、というか消去法で考えると横浜になるのは必然なのですが、取り合えず当たったという事だけは自慢しておきたいと思います。(笑)

リゾートトラストは先日、株式会社DeNAと業務提携契約を締結した事を発表しました。その中で横浜市に新しい健康体験を提供する次世代型の健康施設の開業を目指すと書かれているのでおそらくクラベール当たる。というか当たってもらわないと困る。(笑)本当当たってもらわないとクラベールブログの存続の危機に関わるのです。(笑)

それは何故か。もう一つのクラベールが予想が外れそうだからです。(笑)というかおそらく外れる。(笑)

もう一つのクラベール予想のブログはこちら

つまりクラベールは以前、次期会員制ホテルの開業予想は願望も含めて鬼怒川を押していましたが、どうやら高島になるようです。本当、鬼怒川にして欲しい。(笑)これは、エクシブ六甲の完売が時間の問題である事とエクシブ湯河原離宮の完売がまだ少し時間が必要である事からして、次期会員制ホテル事業の開業は8割、9割高島で決まりでしょう。おそらく販売がスタートするのもエクシブ六甲の在庫数から逆算すると遠くないと思われます。

その前に高島ってどこだよ。となるのですが、エクシブ琵琶湖のある米原市の琵琶湖を挟んで丁度反対側になります。何がある所なのだろうか。(笑)
(Google MAPより)
まったくこの高島という土地の知識がないので、じゃらんの高島観光スポットで調べてみたのですが、よくインスタなどで見るメタセコイア並木のある場所が高島市だそうでう。興味のある方はInstagramでメタセコイア並木と検索してみて下さい。

で、その次がおそらく鬼怒川という順番になるのではないかと思います。まだ決定ではありませんが、半年ほど前に次は鬼怒川だ。と断言していいたのが恥ずかしい(笑)

おそらく今後のリゾートトラストの会員権はホームグランドという認識は少しずつ薄れていくかと思われます。今までエクシブ琵琶湖のラージを購入する。エクシブ箱根離宮のSEを購入するという感覚がありましたが、今後は会員制ホテル事業の開業する場所はほぼどこでもよく、ホームグランドの価値観は薄れて行きグレードだけが残るという会員権になっていくのではないでしょうか。

一般的なリゾート地には既存の施設がありますし、既存施設に近すぎる場所に新規施設を開業すると稼働率の影響もありますし、苦渋の選択なのかもしれませんね。

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.