BLOG

2022.03.11

【購入】エクシブ購入に関する情報

SEタイプの将来性は

あと2年もすると飛騨高山にサンクチュアリーコート高山が開業し、今後新規展開が予想される施設も同様のコンセプトになるだろうと考えると、クラベールの関心事はSタイプとSEタイプはほぼ同じグレードの会員権になってしまうのではないだろうか。という事になります。

エクシブ箱根離宮が開業して以来、CB,EC,SE,Sと新交換グレードが誕生しましたが、その新交換グレード施設シリーズである箱根離宮、有馬離宮、鳥羽別邸、湯河原離宮はわずか4施設で終わり、今後の施設展開はクラブスイート、ラグジュアリースイート、ロイヤルスイートの3グレード方式が採用されると予想されます。

そうなるとSEタイプではサンクチュアリーコートではロイヤルスイート、エクシブ施設では離宮シリーズを除くとSグレード、ベイコート倶楽部との交換もロイヤルスイートとの交換となる事を考えると、離宮シリーズのSタイプとSEタイプの2つの会員権の違いは、4つの離宮を利用する際にSタイプなのか、SEタイプなのかという僅かな違いになってしまいます。

ちなみにですが、クラベールの個人的な考えですが、宿泊する際にエクシブ箱根離宮ならSEタイプよりSタイプの方が断然良いと思いますが、有馬離宮、鳥羽別邸、湯河原離宮の3つのシリーズならSタイプでもSEタイプでもどちらでも良いや。という考えになります。

ひょっとすると、同じ様な考えの方もいるかと思いますが、箱根離宮ではSタイプでないとお部屋で部屋風呂は楽しめませんが、有馬離宮ではSタイプでもSEタイプどちらでもお部屋で温泉を楽しむ事が出来ません。一方、鳥羽別邸と湯河原離宮ではSタイプでもSEタイプでもどちらでもお部屋で温泉を楽しむ事が出来るようになっています。

そのような観点から、先程に箱根離宮を除けば、宿泊する際はSタイプでもSEタイプでもどちらでも良いや。という考えに至るのですが、ひょとすると同じような考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

現在、SタイプとSEタイプの仲介相場は箱根離宮を除けば、約150万円ほどの違いとなります。なんだか以前よりSタイプとSEタイプの仲介相場の金額の開きが狭まっているように感じますが、気のせ
いだろうか。(笑)

果たしてこの2つのグレードの会員権の仲介相場は今後どうなるのでしょうか。


tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.