BLOG

2017.11.13

【運営会社】リゾートトラスト

経理処理出来るエクシブバージョンLを考えるのも1つの方法

今日はリゾートトラストで販売されているバージョンLという商品についてお話したいと思います。

このクラベールブログをお読みになっている方の中で経営者の方でエクシブが経理処理できれば検討出来るのにという方は仲介業者では購入出来ませんが、リゾートトラストでバージョンLという商品を検討するのも一つの手かもしれません。

ちなみにこのエクシブバージョンLという商品ですがいつも販売しているという訳ではありません。そのためリゾートトラストのホームページ見ていただいてもどこにも掲載されていません。 伊豆、那須白河、鳥羽などの一部の施設で解約になったスタンダードクラスをリゾートトラストがリメイクした商品になるため、古い施設が主となりますが空きが出た時に購入出来る商品になります。購入する方法としてはリゾートトラストの営業にバージョンLあったら購入するよ。と声を掛けて置くぐらいしか方法はありません。

ちなみにこのバージョンLですがスタンダードクラスしか利用出来ません。

このバージョンLという商品ですが、販売金額は200万円になります。ちなみに内訳は登録料100万円償却保証金100万円で償却保証金は非課税になるため、208万円になります。年会費も格別安く年間3,5~4,5万円ほどとなります。これはホームグランドにより年会費が変わります。

つまり総額210万円ほどで購入できるのですが特徴的なのが20年間という期間が定められている会員権なのです。という事は毎年10万円会員権は償却できるのと、年会費も法人契約の場合は経理処理が出来ます。年間15万円ほどですが経理処理できる会員権のため、通常のエクシブが法人で契約した場合売却した時しか損金などで経理処理が出来ないのに対して、毎年均等で償却できるというすぐれ会員権なのです。

エクシブはそこまで関心ないけど、社員さんになんらかの還元と節税などを考えている経営者の方は、一度検討されてみてはいかがでしょうか。

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.