BLOG

2020.05.24

【施設】エクシブ蓼科

エクシブ中古ラージ会員権で行くエクシブ蓼科の旅 鉄板焼き編

クアプラザで1時間ほど泳ぎラウンジドルチェで喉を潤したクラベールのお腹は晩飯準備Okと言った感じでしょうか。今回、クラベールはエクシブ蓼科のお食事を鉄板焼きでお食事させていただく事にしました。エクシブ蓼科の鉄板焼きコーナーは和食レストラン花木鳥内にあります。それでは和食レストラン花木鳥に潜入してみましょう。
エクシブ蓼科の鉄板焼きコーナーは花木鳥の一番奥にあるのですが、エクシブ蓼科の鉄板焼きコーナーに限らずどちらのエクシブホテルの鉄板焼きコーナーも座席数が少ないために平日だと言うのに満席です。
1品目、フォアグラ茶碗蒸しとホタルイカ、あとよくわからん豆腐料理。もーこれはホタルイカと豆腐料理いらないからフォアグラ茶碗蒸し2つ頂戴と言いたくなる一品。初めて茶碗蒸しにフォアグラを投入した人は電気と同じぐらいの発明だとクラベールは思うのです。(笑)
2品目、サーモンのマリネみたいなの。つまりメニュー表を持って帰ってくるの忘れた訳で。ホームページのメニュー表見直しても本日の1品としか書いてない訳で。蛍ー。
調子こいて冷酒を飲んでしまった訳で。初めてヤーコンなる野菜を食べてみた訳で。梨みたいな味がした訳で。父さんは椎茸がうめーよ。純。と言った訳で。
3品目のサラダは見た目以上の美味しさ。この段階に来ると冷酒も2合目に入ってしまいお酒とは良いもので嫌な事を一瞬だけ忘れさせてくれる。(笑)
クラベールはヒレ肉をチョイスをさせていただきましたが、鉄板焼きも炭火役も焼き手の方と楽しい会話を楽しみながら食事が出来るというのがとても良いですよね。クラベールはこのような性格のためにひたすら話続けるのですがいい迷惑だろうなと思う訳です。(笑)

最近、わかった事の一つに鉄板焼きの焼き手さんはうかい亭出身者が多いという事なのですが、エクシブの方が給料良いのだろうかなどとどうでも良い事を考えます。
最後はお食事となるのですが、ガーリックライスとお茶漬けと選ぶことが出来ました。クラベールはガーリックライスをチョイスしたのですが、マジ旨し。
一緒に行かれた方はお茶漬けをチョイスしたので写真をパシャリ。ちなみにガーリックライスにしておけばよかったと言っていたのですが、あれだけガーリックライスにしとけと言っておいたのに世の中には人の忠告をまったく聞き入れない人種が存在します。(笑)
最後のデザートは席をテーブルへ移動していただきます。これらは東京ベイコート倶楽部の鉄板焼きなどもそうですが、うかい亭にオマージュされているのでしょうか。
今回の鉄板焼きでのお食事は質、量ともに大満足のお食事になりました。ここ数年で開業しているエクシブホテルでは鉄板焼き、炭火焼きと両方備えているエクシブホテルもありますので下にクラベールのエクシブ鳥羽別邸の炭火焼きレストランのブログのリンクを貼っておきますのでそちらも併せてお読みいただければと思います。

エクシブ鳥羽別邸炭火焼きレストランブログはこちら

tags: 和食,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.