BLOG

2020.05.23

【施設】エクシブ蓼科

エクシブ中古ラージ会員権で行くエクシブ蓼科の旅 孤高のラウンジドルチェ

久しぶり。元気にしてた?それは学生時代の友人に久しぶりに再会した時のようでありました。

なんだか昔の距離感ではなく、ちょっと恥ずかしくもあり、それぞれがある一定の距離感を保ちながらの挨拶でした。昔のように語り合うには少しの時間が必要かもしれません。
このラウンジドルチェの入り口に置かれている大きな古時計はエクシブ蓼科開業以来20年多くのお客様のそれぞれのドラマを見守り続けてきたのではないでしょうか。恋人たちのクリスマス、長年連れ添ったご夫婦の最後の旅行なども見守り続けてきたのかもしれません。そこには一人一人の人間ドラマがあり、この古時計は何も語らずただただみんなを見守り続けてきたのでしょう。

又、クラベールの若き日の苦悩も見られていたのかもしれません。

このラウンジドルチェですが、エクシブの会員さんなら一度は利用した事があるかと思いますが、リゾートトラストのホテルで一番贅沢に造られていますが、その理由を知る方は多くありません。
勿論、エクシブ山中湖のラウンジから望む富士山やラグーナベイコート倶楽部のラウンジから望む近未来的な景色などどれも素晴らしいものがありますが、このエクシブ蓼科ラウンジドルチェは他施設のラウンジを寄せつけない孤高のスピリットがそこにあるのです。
このエクシブ蓼科ラウンジドルチェの石積みの中にはこちらのような植物などの化石が埋め込まれています。
ほら天井近くの石積みの箇所にも化石が埋め込まれていますよ。誰もこんな所に埋め込んでも気づいてくれる事はないのに。

お洒落な人は見えない所でお洒落を楽しむと言うのを聞いた事がありますが、この誰も目に止める事のない天井近くの石積みに化石を埋め込むというのは何を意味するでしょうか。
次回、皆さんもエクシブ蓼科に行かれた際にはこの石積みにいくつの化石を発見できるか探してみてください。クラベールブログ読者の方でお子さんとパパここにも見つけたよ。という会話があればクラベールもこのブログを続けている甲斐があったという事でしょうか。

次回はクラベール鉄板焼き食べちゃった編になります。

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.