BLOG

2018.11.27

【施設】グランドエクシブ軽井沢

エクシブ中古Sグレード会員権で行く軽井沢ムセオの旅 総評

大丈夫だろうかグランドエクシブ軽井沢。これが今回クラベールがエクシブ軽井沢サンクチュアリーヴィラムセオを利用した感想になります。ちなみに正確に申し上げるとエクシブ軽井沢サンクチュアリーヴィラムセオの施設は素晴らしいです。初めてエクシブ軽井沢サンクチュアリーヴィラムセオを利用して施設のラグジュアリー感に圧倒されないお客様はほとんどいらしゃらないと思いますしこのような施設を軽井沢中探してもなかなかないかと思われます。

ただし、軽井沢サンクチュアリーヴィラムセオのネックと言うと東京から箱根や湯河原などの離宮施設と比べると遠いという事と施設が広すぎてどこに行くのも施設内でも遠いという事です。
ちなみにですが東京のお客様が関越自動車道を利用して練馬から佐久へ普通自動車で行った場合の高速料金はETC割引を利用して4010円です。往復で8020円これにガソリン代など考慮すると交通費だけで14000円ぐらいかかります。

一方関東圏で人気施設であるエクシブ箱根離宮とエクシブ湯河原離宮ですが東京から小田原までが時間的にも距離的にも交通料金としてはこちらの施設の方がお財布に優しいと結果なります。

例えばですが、エクシブの会員さんはもうすでにエクシブ箱根離宮やエクシブ湯河原離宮に幾度となく利用をされているでしょうが、エクシブを始めて利用しようと思うお客様はグランドエクシブ軽井沢に行ってみようというお客様はいらっやるかもしれませんが生活の中にエクシブで過ごす日常がすでにあるエクシブ会員さんからすると週末利用しようというのはエクシブ箱根離宮やエクシブ湯河原離宮などの方が使い勝手が良いのではないでしょうか。

つまり東京インターから箱根湯本まで高速代、ガソリン代を含めても6000円ほどで往復出来ます。ご夫婦だけで利用するというお客様にとってはいくら離宮シリーズのレストラン料金がエクシブ施設より高額であると言ってもトータルで考慮した場合はエクシブ箱根離宮やエクシブ湯河原離宮などを利用した方が経済的ですし翌日仕事などの事を考えると近いというのはとても魅力的です。

今回クラベールが利用させていただいた軽井沢サンクチュアリーヴィラムセオと2つの離宮シリーズのSタイプを比較した場合、後者の2施設のSタイプはお部屋で温泉を楽しむ事が出来ます。とくにエクシブ箱根離宮Sタイプのお部屋からの眺望は絶景が望め、その景色を楽しみながらお部屋で温泉を楽しむ事が出来る。このように考えると稼働率という意味ではどう考えてもこの2施設には敵いません。
本日の1枚はエクシブ軽井沢本館を取り巻く池からの写真になります。

いつからでしょうか昔よく見たカルガモ達はどこかに行ってしまったようです。姿を見る事を出来ませんでした。来年以降、1泊2食の優待チケットの廃止などがなくなり、ホームグランドの優位性が少しずつ薄れて行くなかグランドエクシブ軽井沢はどのような方向性へと向かうのでしょうか。

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.