BLOG

2021.05.07

【施設】グランドエクシブ初島クラブ

エクシブ初島クラブ703号室 続編

えーなんだこの部屋ー。全然思っていたのと違うではないかー!

これが5月6日昨晩の21時の出来事です。

時間を2時間ほど前に巻き戻したいと思います。現在5月6日19時。今日も仕事を終えようとパソコンの電源を切ろうとした時、1件の問い合わせメールが来ました。

うーん。どうしようか。見て見ぬふりをするべきか、ちょっとだけ問い合わせ内容だけ見て連絡を明日にしよう。とメールを覗くのです。

いつもクラベールブログ楽しく拝見しています。エクシブ初島クラブ703号室に宿泊して写真撮ってきましたー。

なぬー。エクシブ初島クラブ703号室に宿泊してきただとー。とテンション爆上げになるのです。

クラベールは約半年ほど前ですが、エクシブ初島クラブの703号室はどのようなお部屋なのだろうか。というエクシブ変態度マックスのブログを書いたのですが、そちらのお部屋に宿泊してきました。という内容のメールが頂いたのです。

2020年10月5日ブログ エクシブ初島クラブ703号室のブログはこちら

つまりエクシブ初島クラブの703号室は謎である。おそらくスイートのE2タイプなのではないかと。で親切にもエクシブ初島クラブ703号室の写真を送っていただきクラベールがその写真を見ての感想が冒頭のえーなんだこの部屋ー。になる訳です。

もう自分でも何を書いているのかわからないぐらいに興奮しているので話を整理してお伝えしたいと思います。

まず、エクシブ初島クラブの703号室は謎の部屋なのです。図面をチェックしてもそこは空白の部屋になっているし、ホテルチェックイン時に渡される館内案内でも703号室は空白となっているのです。

つまりエクシブ初島クラブ703号室は何タイプなのだろうか。という謎があるのです。

普通に考えるとエクシブ初島クラブの7階の701と736の角部屋を除くと残りは全てEグレードのお部屋だから当然、703号室もEグレードと考えるのが普通なのです。

で送られてきた写真がこちらです。
なんだろうか。この見た事ない屏風みたいなのは。エクシブ初島クラブラージ(Dタイプ)でも見た事ない屏風のような物。初島クラブのスイートのお部屋には全て入り口のすぐの所に構造上の柱があるのですが、そこの柱部分に見た事がないこの屏風のような飾り。これはなんなのだろうか。
初島Eグレードの証。入り口すぐの所に柱はあるが部屋廊下の内装はラージという見た事ない部屋。
部屋風呂はまさに旧初島クラブの名残そのままの部屋風呂というこれはどっちなんだグレードの造りなのです。
ミニキッチンまである事を考えるとエクシブ初島クラブ703号室はやはりDタイプラージである。と思った矢先
間取りはスイート(Eグレード)ではないか。と思いきやリビングルーム入り口脇に謎のカウンター。スイート(Eグレード)にもこのカウンターはないしラージ(Dタイプ)にもこのカウンターはない事を考えると703号室だけの特別仕様。(笑)この部屋はどっちのグレードなんだろうか。と思うのですが、部屋内装はどちらかと言うとラージ(Dタイプ)しかもソファーが若干通常のラージ(Dタイプ)よりちょっとお洒落。
ベッドルームのベッド脇の照明などはやはりラージの内装ですし、やはりこのお部屋はラージ(Dタイプ)という事になるですが、新たな疑問が湧くのです。この703号室の間取りはあきらかにスイート(Eグレード)ですが内装はラージ(Dタイプ)の造りとなっています。伊豆や鳴門などにも開業時と現在では異なるグレードのお部屋がいくつかありますが、何故に7階のこの703号室だけがラージ(Dタイプ)なのか。
例えばこれが逆ならまだわかるのです。間取りはラージ(Dタイプ)ですが、内装はスイート(Eグレード)でもこの部屋は7階になるので元々スイート(Eグレード)の予定のお部屋を何故にわざわざラージ(Dタイプ)の部屋にしたのか。
考えれば考えるほど謎なのです。もう今日寝れないな。(笑)

クラベールの予想を完全に裏切って703号室はDタイプ(ラージ)であった訳ですが、クラベール読者の貴方もいつかチエックイン時に703号室です。と言われる時がくるかもしれませんね。

今回のブログはクラベールブログ読者様からご提供いただいた画像を使わせて頂いています。

tags: ラージ,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.