BLOG

2019.02.11

【施設】芦屋ベイコート倶楽部

中古ロイヤルスイートで行く芦屋ベイコート再訪の旅 ロイヤルスイートとは

芦屋ベイコート倶楽部では朝起きて窓を開けると大抵このような景色で目覚める事が出来ます。ちなみに以前宿泊させていただいた時もマリーナ側での景色でしたが今回宿泊させていただいたお部屋もマリーナ側のお部屋になります。

リゾートを楽しむ時はお部屋からの眺望は大切ですね。朝起きて窓を開けたら非日常な景色が広がる。つまり非日常とは五感を刺激する事からくるものかと思いますが多くが視覚から生まれるものになるのではないでしょうか。芦屋ベイコート倶楽部のお部屋からの景色は東京ベイコート倶楽部のお部屋からの景色よりも非日常感を味わう事が出来ます。つまり視覚に入るものがどのようなものなのかでリゾートでの満足度は左右されるのかもしれません。
こちらは朝方のロイヤルスイートからのお部屋からの景色になる訳ですがホテルの下には芦屋ベイコート倶楽部のクルーザーが停泊しています。こちらのクルーザーでご希望のお客様は別途費用はかかりますがチャーターして芦屋周辺から神戸辺りまで遊覧する事も可能ですし、レギュラークルーズであればお手頃な金額で辺りを周遊する事も可能です。
この朝方の景色を楽しみ一休みしてからまるで昨晩のチェックイン前のようなお部屋に自分でベッドメーキングをし直し、お部屋を整理した訳ですが自分で言うのもなんですがほぼチェックイン前と同じお部屋の様に戻す事が出来ました。(笑)
こちらが芦屋ベイコート倶楽部ロイヤルスイートCOOL STYLEのお部屋になります。全体的なカラーは青白灰色の3色を基本にした内装になっています。2名定員のお部屋になりますがロイヤルスイートのお部屋は他にも家族で利用出来る2ベッドルームにリビングスペースのお部屋もあります。以前クラベールブログ内でご紹介したNATURALSTYLEと比べると多少派手めな内装ですがこのマリーナサイドにあるホテルとしてはこれはこれで良いのかもしれません。
ベッドルームからの景色も同じ景色を見る事が出来ます。エクシブのSグレード温泉付き客室のお部屋のお風呂を景色の良い場所に配置したのに対して芦屋ベイコート倶楽部はベッドルームからの景色を優先しています。これは正解でしたね。おそらくエクシブのSグレードを宿泊するお客様はお部屋で温泉を楽しむ事を主に置きますがおそらく芦屋ベイコート倶楽部にお泊りのお客様は大抵スパを楽しむ方が多いのではないでしょうか。
ロイヤルスイートのお部屋のお風呂ですが結局クラベールはまったく使わずじまいでした。脇にシャワーブースがあるので天井から降り注ぐシャワーを延々と浴びる贅沢をしてしまい今回は利用はなしですがおそらくこちらのバスタブを利用したというお客様少ないかと思います。
以前に芦屋ベイコート倶楽部のブログでアメニティのお話はしましたがETROのアメニティになります。
ベイコート倶楽部では各客室にこちらのようなお部屋で利用出来るスリッパが用意されています。以前芦屋ベイコート倶楽部を利用した際はなんとも思わなかったのでブログ内に記述しませんでしたが今回のクラベールのようにビジネスを兼ねた宿泊客にとっては男性客であれば革靴を履いている場合があるかと思いますが、このスリッパのサービスは今回ほどありがたいとおもった事はありませんでした。

このように同じリゾートトラストホテルでもエクシブではないようなサービスがベイコート倶楽部では用意されているケースがあります。エクシブとベイコート倶楽部ではどちらが上というような事はないかと思いますが、サービス面においてはエクシブではないサービスを受ける事が出来るのがベイコート倶楽部の特徴になります。

tags: ロイヤルスイート,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.