BLOG

2019.01.04

【施設】横浜ベイコート倶楽部

横浜ベイコート倶楽部の進捗状況について

先日、横浜に仕事で行く機会があったのでせっかくなので横浜ベイコート倶楽部の建設現場に行って来ました。あの曲線を描いた形状はすでに下層階は出来上がってきていて低層階フロアにはガラス窓がすでに付けられていました。
この横浜ベイコート倶楽部の建設状況を見て改めて思った事は横浜ベイコート倶楽部は同じベイコート倶楽部シリーズの中でも東京ベイコート倶楽部と同じ位置づけになり、芦屋ベイコート倶楽部とラグーナベイコート倶楽部とは異なる位置づけになるのではないかという事です。現在2カ所となるベイコート倶楽部ですが東京ベイコート倶楽部と芦屋ベイコート倶楽部ではあきらかに食事メニュー金額や施設利用料などにおいて東京ベイコート倶楽部の方が高額となります。

東京と横浜の2つのベイコート倶楽部が12泊赤色の権利なのに対して芦屋とラグーナのベイコート倶楽部は白色6泊に赤色6泊、販売金額も前の2つのベイコート倶楽部の方が高めの金額設定での販売となります。

これは立地条件的にしょうがないかもしれませんが東京ベイコート倶楽部と横浜ベイコート倶楽部が各都市の中心地にあるのに比べて芦屋ベイコート倶楽部とラグーナベイコート倶楽部は街の中心地というわけではありません。そのために芦屋ベイコートとラグーナベイコートは広大な敷地の中に構えると事が出来ましたが、東京と横浜のベイコート倶楽部はタワー型のホテルとなっています。
今回の横浜ベイコート倶楽部は設計を観光企画設計、内装設計がハッシュ・べドナー。アソシエイツになります。以前もエクシブ琵琶湖のブログを書かせていただいた時に登場した空間デザインの会社になりますが主にフォーシーズン、リッツカールトン、マンダリンなど外資系高級ホテルの内装の専門の会社になります。施行は鹿島建設となるわけですが、ここ数年のリゾートトラスト新規オープンホテルは大抵鹿島建設となるわけですが何かあるのでしょうか。
あと1年半でオープンを迎える横浜ベイコート倶楽部工事状況は順調そうです。

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.