BLOG

2022.03.19

【施設】サンクチュアリコート琵琶湖

高島販売がスタートすると何が起きるか

先日、クラベールブログ内で新規開業施設である高島の会員権の販売が近くスタートするでしょう。と言うお話をさせていただきましたが、本日は高島施設会員権販売がスタートする事により、リゾートトラストの関西地区会員権販売に何が起こるのかについてお話したいと思います。

おそらくですが、高島施設の販売がスタートする事により、現在完売となった芦屋ベイコート倶楽部やエクシブ有馬離宮などの関西地区の完売になっている会員権が再販売される事になるかと思います。再販売されるだろう。という事は既存の会員さんの中から高島への買い替えをする事により下取り会員権としてリゾートトラストに戻ってくる会員権がいくつか出てくる。という事になります。

となると、クラベールブログの読者の会員さんの中でも、自分も既存施設から高島に買い替えをしたい。という方もいるかと思いますが、クラベールの予想ですとどなたでも買い替えが出来るかどうかは、現時点ではわかりません。おそらく買い替え出来る方は、再販売が容易な会員権を所有している方、例えば芦屋ベイコート倶楽部やエクシブ有馬のSタイプやSEタイプなどの会員権など、もしくは金額差額が大きい買い替え、例えばスタンダードグレードから高島のロイヤルスイートなどに限定されるかと思います。

以前の飛騨高山の販売時もそうでしたが、芦屋ベイコート倶楽部を所有している方の中で、ラグジュアリースイートにしておけば良かった。ロイヤルスイートにしておけば良かった。という方に芦屋ベイコート倶楽部から高島への買い替えの案内も同時にスタートするかと予想するされるので、一定の数の芦屋ベイコートやエクシブ有馬離宮などの会員権が再販売される事が予想されます。

となると、クラベールブログ読者の中には、現在、芦屋ベイコート倶楽部のベイスイートやラグジュアリースイートを所有していて、芦屋ベイコート倶楽部のロイヤルに買い替えをしたい。という方もいるかと思いますが、残念ですが、なかなか難しいかと思います。

それは何故か?

それは、芦屋ベイコート倶楽部のベイスイートなどからロイヤルスイートの買い替えをした場合、今度は芦屋ベイコートのベイスイートがリゾートトラストに下取り会員権が戻ってくる事を意味します。そうなると、今度は芦屋ベイコートベイスイートを販売しなくてはならない、面倒な作業になるので、リゾートトラストに戻ってきた芦屋ベイコート倶楽部のロイヤルスイートは、新規販売のみ。となる事が予想されます。

ただしその判断も上司によって異なるかと思われるので、一応、芦屋ベイコートベイスイートからラグジュアリースイートに買い替えをしたい。ラグジュアリースイートからロイヤルスイートの買い替えをしたいという方は、担当の方に声を掛けて置いた方が良いかと思います。

ちなみに、どちらの会員権からでもこの機会に買い替えをされる場合は、3月31日より前に買い替えをされる事をおススメ致します。3月31日を超えると、下取り金額が変わりますのでご注意下さい。ちなみに余計なお世話ですが、3月31日より前というのは申込ベースではなく契約ベースになるのでご注意下さい。

新規販売時に1000万円を超える会員権ですと、3月中に契約するのか、4月に契約するのかで現在所有している会員権の下取り金額が100万円ぐらい変わってきます。そのため、買い替えをされる方はその点をご注意下さい。こういう事ってリゾートトラストの営業さんは説明してくれません。(笑)

まーそんな事はクラベールの知った事ではありませんが、新規高島施設を購入するのか、仲介市場で中古会員権を購入するのか、よーくよーく考えて購入するのが良いかと思います。

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.