BLOG

2019.07.17

【情報】エクシブデータバンク

エクシブ辞典⑤ワンダーネットって何?

エクシブ会員権を現在検討しているお客様の中でワンダーネットとは何だろうと疑問に思われた方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今日はワンダーネットと言うのは何なのかを解説していきたいと思います。

通常エクシブを会員権を購入すると、ご自身が購入した施設以外の予約を取る時、例えばエクシブ鳥羽の会員権を購入してエクシブ琵琶湖に宿泊しようというような時ですね。このような場合は交換手数料というのがかかります。その交換手数料は2000円(税別)になるわけです。つまりエクシブ鳥羽のラージグレードを購入しました。エクシブ琵琶湖の予約をします。というような場合はエクシブ琵琶湖ラージグレードのルームチャージ15,100円(税別)にプラス交換手数料2000円(税別)がかかる事になります。

ただし、エクシブを所有している方の中で他施設を予約する時にこの交換手数料を払っている方は1%未満の会員さんかと思います。それを可能にしているのがこのワンダーネットという事になります。こちらのワンダーネットは年間8000円(税別)払う事により、この他施設を予約する度にかかる交換手数料2000円(税別)がかからなくなるというサービスになります。

つまり年間4回以上、購入した施設以外の他施設を予約すればお得になるという訳です。クラベールブログのエクシブデーターバンクの各施設の年会費一覧はこのワンダーネットの8000円(税別)を含んだ表示になっておりますので、ワンダーネットに加入しないというお客様はそこから8000円(税別)引いた金額が年会費となります。

ここで一つ注意点があります。エクシブ会員権を購入と同時にワンダーネットに入会すると8000円(税別)でワンダーネットに入会する事が可能になりますが、当初ワンダーネットはいらないと思ったがやはり後々ワンダーネットに入れば良かったと思い直し、後日入会すると年間12000円(税別)になります。

これが大まかなワンダーネットに入会するサービスになりますが、このワンダーネットは入会しておくといくつかの利点もございます。エクシブを所有するといつでも好きな時に誰かに気兼ねする事なく予約する事が出来るという利点がありますが、このワンダーネットに入会するとネットサービスを利用して夜中でもパソコン前でエクシブの予約をする事が出来るようになります。

なんだそれだけか。とお思いになる方も多いかと思われるかもしれませんが、これが実は、エクシブ予約繁忙期必勝法に繋がる事はあまり知られていません。エクシブをマニアックに楽しんでいる方にはそれだけはブログで紹介しないでくれとお思いの方もいらっしゃる方もいるかもしれませんが、クラベールは惜しみなく公開しちゃいます。

つまり、エクシブホテルは1年前から予約する事が出来る訳ですが、具体的には1年前の午前0時という事になります。一方、普段電話で予約されている方のとっての1年前は総合予約センターがつながる午前9時という事になります。つまりワンダーネットに入会しておくと、繁忙期などの予約合戦に9時間早く予約する事が可能になるという事なのです。

平日や週末の予約でわざわざ1年前の午前0時に予約するという方はいらっしゃいませんが、年末年始などお正月はエクシブで過ごすというような方は、エクシブのコアなファンはこの0時にパソコン前で予約をする方は多いです。そのため、この9時間は繁忙期などの予約をするためにはとても有効になります。

ワンダーネットは人によって有効活用出来る方もいらっしゃれば、単なる交換手数料一括払いとなる方もいらっしゃいます。既存のエクシブの会員さんの中でも少しでもワンダーネット有効活用してみてはいかがでしょうか。

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.