BLOG

2018.04.07

【利用】知ってると得する利用と予約

エクシブ中古会員権 今からでもGWの予約は取れるのか?

エクシブとはつくづくシステム商品である。と感じるわけですがあと1か月を切ったゴールデンウィーク果たしてこのクラベールブログをお読みの方はどのような過ごし方をされるのでしょうか。

おそらくこのクラベールブログをお読みの中には、1年前から交換申し込みをしてもう予約取った。という方もいるでしょうしリゾートトラストの営業さんにお願いしてあるから大丈夫という方もいるかもしれません。はたまた自分はエクシブを仲介業者で購入したから、繁忙期の利用は占有日利用以外は諦めている。というお客様もいらっしゃるかもしれません。

今日はエクシブを仲介市場で購入した場合、この4月に入った今からでもゴールデンウィークの予約を取る事が可能なのかについてお話したいと思います。結論から言うと、エクシブを仲介市場で購入したとしても今からでもゴールデンウィークの予約を取る事は可能です。

これには一定の条件がありますが、今からでもかなりの確率で予約は取れます。それはエクシブ及びベイコート倶楽部のシステム理解とホテルサイドの思惑、営業さんの習性を理解していれば今からでも、エクシブ施設の予約は意外と取れます。

リゾートトラストから購入する場合ですが、営業さんが一部販促ルームというホテルサイドがいじれない部屋がありますが、500人以上いる営業さん全員の意向を聞いていたらどんだけ部屋があっても足りません。

自分はエクシブを中古で購入したからと言って諦める必要なんて本当ないと思います。

リゾートトラストの営業さんはシステムの理解と経験、努力でお客様の予約を取っているのです。販促ルームなんて全然足りないのですから。つまり仲介市場でエクシブ中古会員権を購入したとしても同じシステム理解と経験値に努力をすればリゾートトラストで購入するのとほぼ同じぐらい今からでもゴールデンウィークの予約取れるかと思います。

ただしこのエクシブ及びベイコート倶楽部のシステム理解ですが、理解しているだけでは駄目でそのシステム理解の応用が必要となります。

まずエクシブ及びベイコート倶楽部には予約が取りやすいタイミングというのがあります。エクシブは利用希望日の1か月前と1週間~10日前と3日前と前日の夜です。

ベイコート倶楽部は3週間前と1週間前~10日前と3日前と前々日の夕方から前日の5時半ぐらいまでです。

それと4月27日と4月28日です。理由がわかった方はエクシブ検定1級です。(笑)

まずエクシブの1か月前とベイコート倶楽部の3週間前が意外と予約が取れる理由は皆さんご存知の交換申し込みの翌日でフローティング予約に切り替わる日になります。

特に古い施設の場合ですが、交換申し込みをしたオーナーがホテルが予想した数より少なかったという現象が起こる事があります。関東圏ですと、伊豆、山中湖、中部地区ですと鳥羽本館、鳥羽アネックス、関西地区ですと白浜や白浜アネックスです。特にスタンダードの部屋が多い施設で起こる現象ですのでスタンダードを所有している方はチャレンジしてみて下さい。と言っても過ぎてしまっていますが。(笑)

初島や蓼科、琵琶湖などではラージグレードでも取れる事もあると思います。

この辺りでこれらの施設に朝9時に電話すれば高確率でゴールドを使わなくても予約が取れます。それと日頃、ワンダーネットを利用している方も予約事務局に電話しましょう。又、必須なのが食事を取る事を伝える事が重要です。ホテルサイドとしては繁忙期は売上を確保しないといけない時期になりますので食事を取らないお客様は除外されてしまいます。逆のあるあるなのですが、ホテルサイドから先に食事取りますか?と聞かれる事もあるかと思います。

次のエクシブ及びベイコート倶楽部の1週間前から10日前です。

これらの日は各支社で所有している販促ルームと呼ばれる部屋を各ホテルへと返す日になります。つまりホテル側としては、ホテルの直接予約と各支社での販促部屋の予約と全体数を把握出来る日となります。

山中湖辺りですと1万円の食事と言えば取れる確率は高いです。(笑)

3日前というのは予約事務局のマネージャーが当日の部屋割に入る日です。

マネージャーと言うのは予約事務局の中で一番偉い人です。4月25日あたりからゴールデンウィークが終わるまで休みを取る事なく朝から晩まで予約の部屋割を延々とやっています。そのタイミングで意外と予約が取れる事があります。数部屋出ると思いますが、リゾートトラストの営業さんに勝って部屋を勝ち取りましょう。

エクシブの前日の夜とベイコート倶楽部の前々日の夕方から前日の5時半ぐらいです。

大抵エクシブにこのゴールデンウィークに行こうと考えている方はファミリー層です。このファミリーにとって稀にあるのが子供の発熱や病気など大抵前日の夜には今回行くのは諦めようとなるのです。

一方ベイコート倶楽部は異なる理由です。ベイコート倶楽部というのはエクシブとは異なり、前日の5時までにキャンセルをしないとキャンセル料が発生します。そのために前日の5時以降はほぼキャンセルは出ません。つまりベイコート倶楽部をキャンセルする方は前々日から前日の5時までに集中するのです。

特にベイコート倶楽部はリゾートトラストの営業さんがお客さんの予約をまとめて連絡したりするのでこの辺りは想像以上にキャンセルが出ます。

最後の4月27日と4月28日になります。

リゾートトラストの営業さんもゴールデンウィークに入ります。ゴールデンウィークに入る前までにお客さんの予約を片づけてから休みに入りたいといのが人の心情というものです。休みに入ってまで仕事したくないのですよね。そのため休みに入る前にどの営業もキャンセルのし忘れないかなど。500人全員がしていたら、その数は想像できるでしょう。4月28日はゴールデンウィークに入っても終わらずまだやっている営業がいるためです。(笑)

これだけやってもまだリゾートトラストの営業さんには勝てません。何故ならリゾートトラストの営業さんはホテルスタッフと日頃から懇意にしているからです。ホテルに行く際、予約事務局の人にどら焼きを持っていたりと日頃から社内営業をしてるため無理が効くのです。

そのためエクシブ中古会員権を購入した方は自身が所有したホームグランドの予約の方と仲良くなる事をお勧めします。エクシブというのはシステム商品ではありますが最後の最後は人です。通りすがりの人に千円貸してと言われても貸す人いないかもしれませんが、知りあいに千円貸してと言われたら貸してしますのが日本人なのです。そのためよく知っている会員さんには融通してしまうという日本人あるあるなのです。これ本当です。

おそらくリゾートトラストの課長さん辺りだと今の時期、取らなくてはいけない取れていない予約いくつも抱えているかと思います。ただ最終最後なんとか大抵します。たった一つの予約諦めるなんて馬鹿げいるのではないでしょうか。

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.