BLOG

2020.06.26

【購入】エクシブ購入に関する情報

グレード比較第十六弾シーズン6ECタイプかラグジュアリーか

お久しぶりのグレード比較シリーズブログとなります。

本日のテーマはECタイプとラグジュアリースイートを比較してみようと思いますが、この2つの会員権ですがECタイプが200万円から250万円ほどの仲介相場であるのに対してラグジュアリースイートは700万円ほどと仲介相場金額がまったく異なるためにこの2つの会員権でどちらにしようという方はいらっしゃらないかと思いますが、ECタイプを所有すると各ベイコート倶楽部のラグジュアリースイートが利用出来るという点においては、比較の対象となりえるという事で本日はECタイプとラグジュアリースイートを比較したいと思います。

まずご覧いただくのは先日のクラベールエクシブ箱根離宮漫遊記の画像の使いまわしであるエクシブ箱根離宮ECタイプになります。
既に多くの方がよくご存知かと思いますが、エクシブ箱根離宮以降の開業のエクシブホテルは利用人数によって同グレード内でも多種多様なお部屋が用意されています。ご覧いただいているのはエクシブ箱根離宮ECタイプ和モダンルーム定員5名のお部屋になります。お部屋の広さは約100㎡ほどあるので5名で利用した場合でも手狭さを感じる事はありません。
ベッドルームも独立しております。又洋々室、和洋室などルームバリエーションが豊富なのもECタイプの特徴かと思います。このECタイプを交換利用した際に使えるお部屋が下の写真でご覧いただけるえるラグジュアリースイートのお部屋となっています。

こちらは芦屋ベイコート倶楽部のラグジュアリースイートのお部屋になりますが、リビングスペースとベッドルーム別々となっています。エクシブ会員権を購入してたまにベイコート倶楽部を利用したいが、お部屋でスイート気分を味わいたいという方はベイスイートが利用出来るラージグレードもしくはCBタイプではなく、スイートもしくはECタイプを購入する事をお勧め致します。
この様に説明していくと、スイートもしくはECタイプを購入すればラグジュアリースイートが利用出来て大変お得というイメージを持たれるかと思いますが、ラグジュアリースイートの素晴らしさはエクシブ施設との交換利用する際にすべての施設のSが利用出来るという破壊力になります。かつオールレッド、且つ年会費もそこまで高くない。などいろいろ利点がありますが、その為に今でも仲介相場で人気のある会員権の一つなのではないでしょうか。
つまりラグジュアリースイートで交換利用出来るエクシブホテルはECタイプでもなく、SEタイプでもなくSタイプが利用出来る事。なんだか人気会員権なのもわかりますね。

tags: ECタイプ,ラグジュアリースイート,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.