BLOG

2017.03.16

【購入】エクシブ購入に関する情報

エクシブ中古会員権の選び方 上級編

エクシブの中古会員権を購入する上でこれまで2回に渡り解説してきましたが、今日はエクシブ中古会員権の選び方上級編という事で今までより少し踏み込んだお話をしたいと思います。

先日、エクシブの施設とグレードについて解説しましたが今日はよりグレードについて詳しくお話したいと思います、それは何故か。エクシブグレードが複雑になってきているからです。正直会員さんの中でどれだけの人が正確に理解しているのでしょうか。かなり疑問です。おそらく10人に1人いるかいないかという感じではないでしょうか。

先日のエクシブ中古会員権の選び方中級編ではエクシブは4グレードあるとお伝えしてきましたがここ最近オープンする施設エクシブ鳥羽別邸、エクシブ湯河原離宮では3グレードしかないのです。

そのために交換グレードがどのようになるのか大変複雑になってきているのです。

図①を見て下さい。
従来のエクシブ施設にはスタンダード、ラージ、スイート、スーパースイートと4つのグレードがあります。次に離宮、別邸、軽井沢パセオ、軽井沢ムセオを見て下さい。CB,EC,SE,Sの4グレードになっています。最後にベイコートシリーズです。ベイスイート、ラグジュアリースイート、ロイヤルスイートとなっています、

エクシブ施設を購入する方はこの①の図を参考にして検討してください。
次に図②です。こちらはエクシブ離宮シリーズ及び軽井沢パセオ、ムセオを検討される方の図になります。
最後の図③はベイコート倶楽部を検討されている方の図になります。
非常に複雑なのです。
図①では離宮シリーズのECとエクシブCグレード(ラージ)、ベイコート倶楽部のベイスイートが同じグレードですが、図②では離宮シリーズを中心に考えると離宮シリーズのECと同じグレードはエクシブシリーズのE(スイート)ベイコートのラグジュアリースイートというようになっていて非常に複雑なのです。

図③では先程離宮シリーズでECと同じグレードであったラグジュアリースイートでエクシブシリーズのSが利用出来てしまうというようになっているのです。このようになっていくと何がなんだかわかりません。

都合よく考えると、エクシブシリーズのスタンダードではエクシブ離宮シリーズのCBと同グレードなので、CBと同グレードはエクシブシリーズのCグレード(ラージ)、Cグレード(ラージ)と同グレードは離宮シリーズのECタイプなので、ECタイプと同グレードはベイコートではラグジュアリースイート、ベイコートのラグジュアリースイートはエクシブではSグレードが利用出来るからすっ飛ばすとSが利用出来る?とはならないのです。

所有権をどこのエクシブにするかによって同じグレードが変わっていくというパズルのようなシステムになっているのです。このように書いていくとリゾートトラストの会員様の中でも10人に1人と言いましたが、100人に1人理解しているのかどうかわからなくなってきました。

この3つの図を理解しない事にはエクシブは購入してはいけないのです。それは冗談ですがどこの所有権のエクシブを購入するかによって同じグレードが変わってしまうという事を理解してから検討された方がよろしいかもしれません。

tags: CBタイプ,ECタイプ,SEタイプ,Sタイプ,スイート,スタンダード,ベイスイート,ラージ,ラグジュアリースイート,ロイヤルスイート,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.