BLOG

2022.02.01

【運営会社】リゾートトラスト

リゾート会員権ローンで買える?

2022年度の1月はクラベールブログの更新回数が5回と過去最低の更新頻度になってしまったのですが、これを反省して自ら課した週2回更新の義務をなんとか2月は果たしたいとは思うですが、いかんせんブログの題材が尽きた。

考えて、考えて1時間、2時間。そうだリゾートトラストの提携ローンについてはまだこのクラベールブログで語っていない事に気付き、今日はリゾートトラストの提携ローンのお話をしてみたいと思います。

このクラベールブログでの読者の方は基本的にエクシブ会員権やベイコート倶楽部会員権を仲介市場で購入する事を検討している方かと思いますが、リゾートトラストで購入する場合は、提携ローンを組んで購入する事も可能です。

ちなみにですが、仲介市場でリゾートトラスト会員権を購入する時は、現金での一括になりますが、今現金はないがすぐに買いたい。という方は銀行さんなどでご自身で借入の相談をしていただく事になるかと思います。

ただし、ローンについてまず最初に覚えて置かないといけない事に金利が付くという事があります。お金を借りたら金利が付くのは当たり前だろ。と言われてしまいますが、その金利ですが、借りる場所によってそれぞれ異なります。

一番金利が安いのは銀行とか普段お世話になっている信用金庫などが一番安くなるかと思います。三菱UFJ銀行とか巣鴨信用金庫とかになります。何故に例に巣鴨信用金庫を出したのかよくわかりませんが、川崎信用金庫さんでも良いかと思います。そうです。普段お世話になっている方も多いのではないでしょうか。

現金はないがどうしても今すぐエクシブを買いたいんだ。という方はこちらに相談するのが良いかと思います。ただ、これらの銀行系は一般的には金利は安いと言われていますが、審査が厳しいとも言われています。

次に提携ローンと呼ばれる物があります。こちらが今回のクラベールブログのメインの話になりますが、ジャストファイナンス、ベストクレジット、セディナ、オリコ、などいろいろとありましたが、おそらくそれほど顔ぶれは変わってないかと思います。

ではこの提携ローンを組む時の一般的な例をサンクチュアリーコート高山を例に挙げてお話をしてみたいと思います。

販売金額は6,800,000円(消費税575,000円)になります。

一般的には頭金として、本体価格の2割以上140万円と消費税575,000円が必要になります。これ以外にローンの取り組み金額に応じて500万円未満は2000円、500万~1000万までは1万円、1000万円以上ですと2万円の印紙代がかかります。

既に開業している施設の場合はこれ以外に年会費の月割分などを頭金と一緒に支払わないといけないので覚えて置いた方が良いかもしれません。

つまり1,975,000円が頭金で540万円をローンで組む事が出来ます。これがリゾートトラストの社内規定のローン取り組みのベースとなります。

勿論、頭金を増やしたりするのは問題はありませんが、頭金を2割以下、ローン取り組み回数を60回以上となると、規定外となりますので上司の許可などが必要となってくるので、目の前にいる営業マンの一存では決められませんが、基本的には社内許可は通るかと思いますが、取り組み回数が60回を超えると大抵、金利が上がるのでその点だけご注意下さい。

ローン審査が通るかと社内規定が通るかは別問題になりますが、10万円プラス消費税575,000円に670万円の120回ローンというのが一番頭金を少なくし、毎月の支払も一番少なる方法になりますが、金利だけで結構支払う事になるので十分検討した上で申し込む事をおススメ致します。

ただ、この提携ローンですが、基本的には審査基準はほぼ一緒ですが、まったく一緒という事ではありませんのでジャストファイナンスでは審査が通らないがセディナだと審査が通る。という事などもありえます。

ではこれらの提携ローンはどのようにして審査をしているのかという事になりますが、指定信用機関CICとかJICCという信用情報機関の情報を元に審査が行われます。

そのため、例えば、ジャストファイナンスでは初めてローンを組むが、セディナでは他のローンを組んでいるというような場合でもジャストファイナンスはわかるようになっています。基本的にはいろいろなローンを別の会社で借入してても、わかるようになっています。

一般的には年間のローン借入額が収入の3割ぐらいまでと言われています。これは総量規制と呼ばれる物になります。収入の3割までがローンで借りれる金額の上限ですよ。という物になります。勿論勤続年数や勤め人か商売人か、いろいろな属性によって異なりますが年収1000万円の人は年間に返済金額が300万円までは基本的にはローンが通るという事になります。つまりサンクチュアリーコート高山の場合ですと540万円を60回のローンで組むという事は年返済金額は120万円ほどになりますので、他に借入がなければ、ローンが通るという事になりますが、その他の状況や属性によっても異なりますので必ずという事ではありませんので目安ぐらいで考えて下さい。

では審査が通らなかった。という時はどのような場合があるのかをご説明したいと思います。

まず、過去に事故をした経験がある場合。俗に言うブラックという物です。

ローンを組んだ事があるが、ローンを完済する事が出来なかった。とか支払いに遅れが生じている。というような場合です。これらの経験がある方は基本的にはローンを組む事が出来ないと考えた方が良いかと思います。このブラックになるかどうかは61日以上の支払いの遅延が過去にあったかどうかである。と言われいます。

では一度、ブラックになってしまったら、死ぬまでブラックなのか?という疑問が湧きますが、そのCICやJICCなどの延滞記録は5年経過すると、その記録は消えると言われています。

そうなると自分はどうなっているのだろうか?と疑問や不安になる方もいらっしゃるかと思いますが、有料になりますが、ご自身の信用照会情報はCICやJICCに請求する事が出来ますので、なんだか心配という方はCICとかJICCとかネットでググってみるのも良いのではないでしょうか。

つまり、リゾートトラスト会員権をローンで購入しようと思ったが、審査が通らなかった。という方は、基本的には借入額が収入の30%を超えている。もしくは過去5年内にローンの支払いが滞ってしまった過去がある。どちらかのケースが大半かと思います。

最後に少し余談の話をしますが、ごく稀にローンの審査が通らない理由として携帯電話があります。

なんか携帯電話って本体価格を2年間しばりと呼ばれていた頃に毎月の支払いに上乗せして購入していた方いらっしゃらないでしょうか。審査をした記憶がないかもしれませんが、分割で購入している事に変わりません。

若い方ですと、携帯電話の支払いにコンビニに行くの面倒などの理由で2ヶ月放置した事がある。などの記憶がある方は、少額だから携帯が止められるだけだろ。と思っていたら、大人になってからとんでもない目に会うので携帯電話は少額だからと大丈夫なんて事はありませんのできちんと支払いをしましょう。

クラベールブログ読者の方にはいないかと思いますが、特に大学生の男の子を持つ方はご子息様の携帯電話がきちんと支払われているかを確認した方が良いかと思います。何故に男の子の大学生なのか?これが属性という物になります。つまり男の子の大学生は携帯電話の支払いを遅延する傾向が強い属性になります。

最後ですが、皆さんリゾートトラストのローンに限らず、いろいろな場面で免許証を提示する事が多いと思いますが、12桁の免許証番号をご覧ください。12桁の最後の数字、大半の方はゼロかと思いますが、これが3だとか5とか6の方はローン審査が通りずらいと言われています。これは、免許証を何回、再交付しているかの回数になります。

この12桁の最後の数字が大きい人も審査が通りずらいと言われています。それは何故か、免許証を幾度も紛失している人。という事になります。それはローン会社からすると、自分の身分を証明する大切な物を幾度も紛失している人はいい加減な人である。と見られる事もあると言われています、この機会にご自身の免許証番号の最後の数字を見直してみるのも良いかもしれません。

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.