BLOG

2022.04.22

【利用】知ってると得する利用と予約

愛犬利用料金を一度整理してみよう!

以前からちょっとおかしいのではないだろうか?という事に、リゾートトラストの愛犬料金がある。

我が家には愛犬がいない。という方はまったく気にされないだろうし、そんな事知らなかった。という方もいるかと思いますが、今日はリゾートトラスト施設の愛犬利用料金について少し考えてみたいと思います。

クラベール家には、特段、家族同様と言えるようなワンコも猫もいませんが、果たして愛犬のいるリゾートトラスト会員の方は現在の各施設の愛犬利用料についてどう思っているのだろうか。

まず、リゾートトラスト施設の愛犬利用料金は2000円(税別)と5000円(税別)の2種類の料金が存在するのですがご存知でしょうか。

愛犬と一緒に利用出来る施設第一号として誕生したエクシブ那須白河の愛犬利用規定を見てみると、エクシブ那須白河ドギーヴィラの会員、エクシブ軽井沢パセオ、ムセオの会員、エクシブ湯河原離宮の会員、エクシブ鳥羽別邸の会員、エクシブ六甲の会員は愛犬料金2000円(税別)と明記されています。つまり、それ以外の方は愛犬料金は5000円(税別)となる訳です。

うん?となりませんか。これはつまりサンクチュアリーコート琵琶湖を購入した方は、エクシブの愛犬利用施設は5000円(税別)となる事を意味します。愛犬部屋が29部屋もある施設なのに?すごいドッグラン造るのに?エクシブ施設の愛犬利用料金は2000円(税別)ではなく5000円(税別)これはどうなのだろうか。

この愛犬利用料金の互換性はエクシブはエクシブ内でベイコート倶楽部はベイコート倶楽部とサンクチュアリーコート内でという事になります。つまりせっかく愛犬と利用したいがためにエクシブ湯河原離宮を購入した。エクシブ鳥羽別邸を購入したという方は、エクシブ施設の愛犬施設は2000円(税別)となりますが、例えば、新しく出来るサンクチュアリーコート琵琶湖などに行くと2000円(税別)ではなく5000円(税別)になるという事になります。

一方、サンクチュアリーコート琵琶湖になりますが、サンクチュアリーコートの会員及びベイコート倶楽部の会員は2000円(税別)となっています。つまり、まったく愛犬施設とは関係ない東京、横浜の会員は2000円(税別)となりますが、エクシブ軽井沢パセオ、ムセオの会員は5000円(税別)となる事を意味します。

つまり愛犬がいる検討者はエクシブとサンクチュアリーコートとどちらを購入すれば良いのだろうか?

もう一度、確認しよう。芦屋ベイコート倶楽部の愛犬利用規定を見てみると、2000円(税別)で利用出来るのはベイコート倶楽部メンバー及びサンクチュアリーコートメンバーとなっている。それ以外の方は5000円(税別)つまりエクシブ軽井沢パセオの会員やエクシブ湯河原離宮、エクシブ鳥羽別邸の会員などは5000円(税別)の料金になるという事なのですが、ちょっと待てよ。思うのです。

そもそもエクシブの会員権はサンクチュアリーコートと互換性があるために利用出来る。という事なのですが部屋の互換性は認めるけど、愛犬利用の互換性はない。というのはおかしな話ではないだろうか。

後から出来た施設の利用規定なのど問題ないかと思いますが、もう少し既存の会員さんに配慮したらどうなのだろうか。と思うのです。

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.