BLOG

2021.06.08

【運営会社】リゾートトラスト

とあるビジネスホテルにてRTCCについて語る話

現在、クラベールはとあるビジネスホテルの一室にいます。1泊朝食付かずの4300円というなんともリーズナブルなビジネスホテルに宿泊している訳ですが、なんだろう。もう少しどうにかならないものだろうか。

どうにかならないものだろうか。というのは、4300円という料金からするとしょうがない一面もあるのですが、なんだか居心地が悪い。それはぼろいとか古いとかも加味されてもう少しどうにかならないものだろうか。と思うのです。

つまり何が言いたいかと言うとRTCCどうにかならないものだろうか。という事なんです。

わかります。わかります。クラベールが現在宿泊しているビジネスホテルからRTCCの話になるのは話が飛躍しさすぎだろ。と思われる方も多いかと思いますが、元はと言えば、RTCCがもっと快適なサービスであればこんな事にはならなかったのです。(笑)

話を3日前に遡りましょう。

クラベールはお客様との手続きでなんと素晴らしい平城京に行く事になりました。お客様との約束は夕方16時、終わる時刻を計算すると、サンメンバーズ京都は結構遠い。以前、京都と奈良って品川から二子玉ぐらいだろうと思っていたらととんでもなく遠くえらい目にあいました。

そこで、このクラベール宿泊記も一通りのエクシブ、ベイコート倶楽部はご紹介したので、3rd Stageらしい宿泊記は何かと考えた場合RTCCはどうだろうか。と思ったのです。

そうです、TBSのサスケでいう所のクリフハンガー。指の第一関節だけでぶら下がるという難関ステージらしい宿泊記になるのではないだろうか。

なんと素晴らしい平城京にはRTCCで利用出来る、ホテル日航奈良があります。おーこれはリゾートトラスト会員権で利用出来るRTCCサービスを利用してホテル日航奈良に宿泊するというなんとも3rd Stageらしい宿泊記ではないだろうか。

ホテル日航奈良のRTCC料金は平日スタンダードツイン9150円。ちなみに気になったので一休サイトで今日の宿泊料金をネットで予約した場合、9090円(笑)これについて触れるには辞めよう。まーしょうがない60円高くてもRTCCを紹介するためにこちらで予約しようと思うのですが、電話すると本日の営業は終了しました。というアナウンス。なんだよ、営業時間15時までってどんなサービスなんだよ。と思うのです。

で気を取り直して、翌日改めて、電話するとご利用希望日の14日前までに予約しないといけないと言われチーン。わざわざ60円高く払い、電話代もかけ、RTCCをクラベールブログ読者の方に紹介したいがためにわざわざ電話しているのに〇△◇✖?3α△。となるのです。

話を3日前からも10年ぐらい前まで遡りたいと思います。

リゾートトラストはRTCCを発足させる前にRCIに加盟していました。RCIはエクシブ会員権とは別に申し込みしなければならず、年会費として1万円支払っていました。リゾートトラストがRCIを脱退してRTCCという独自のサービスをスタートさせる時にRTCCはエクシブ会員権及びベイコート倶楽部会員権の一部に付随するサービスという事になりました。ちなみにRTCCに移行しても年会費の変更はないので、このRTCCサービスに実質毎年1万円を払っているという事になります。

つまり14日前の平日の15時までに連絡すれば、ホテル日航奈良に一休のサイトより60円高く予約する事が出来るというサービスに毎年1万円払っているのはどうなのだろうか。ちなみにですがお気づきの方もいるかと思いますが、2021年度のワールドリゾートセレクションは海外に渡航される方はほぼいないだろう。という観点から送付が見送られています。(笑)

エクシブ会員とベイコート会員を合わせて約12万人から1万円ずつ集めると12億円。RCIからRTCCに移行して6,7年経過したかと思いますが、約70~80億のお金はどこにいったのだろうか。

そんなタイミングでRTCCの営業時間は15時から17時へと変更になりました。


tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.