BLOG

2021.03.19

【運営会社】リゾートトラスト

リゾートトラスト下取り金額はどのように計算されるか

本日はリゾートトラストで買い替えをする時の下取りに関してのお話をしたいと思います。

振り返ると約3年ほど前にこの話をクラベールブログ内でした事はありますが、ちょろっと話した程度でしたので今日は少し詳しくお話をしたいと思います。

現在、エクシブ会員権を所有している方の中で、過去に買い替えの案内をされた事がある。という方もいるかと思いますが、では現在ご自身が所有している会員権の下取り金額がいくらになるか。その根拠はあまり知られてはいません。そこで今日は買い替え時の下取りの計算方式についてお話をしたいと思います。

まずリゾートトラストから新規で購入された方は、新規販売時から何年経過しているかという事で計算されています。

今日はエクシブ京都Cタイプを例にとって説明したいと思います。

エクシブ京都八瀬離宮が開業したのは2006年11月28日。新規施設では珍しい秋開業のエクシブなのです。

エクシブCタイプはC1タイプ~C6タイプまでの全6タイプありますが、こちらはルームシェア会員権のために、同タイプでもお部屋の配置により若干販売金額は異なりますが5,119,565円~6,955,565円で販売されていました。

今回は平均金額であるエクシブ京都八瀬離宮Cタイプが600万円であったらと仮定して計算してみたいと思います。

エクシブの下取り計算式は毎年、7,4%の償却がベースにあります。それではこの計算方式で現在の下取り金額で計算をしてみましょう。

2007年4月 5,555,600円 444,000円償却
2008年4月 5,144,856円 411,144円償却
2009年4月 4,733,712円 350,294円償却
2010年4月 4,282,418円 324,372円償却
2011年4月 3,958,046円 292,289円償却
2012年4月 3,665,757円 271,266円償却
2013年4月 3,391,491円 250,970円償却
2014年4月 3,140,521円 232,398円償却
2015年4月 2,908,123円 215,201円償却
2016年4月 2,692,922円 199,276円償却
2017年4月 2,493,646円 184,529円償却
2018年4月 2,309,117円 170,874円償却
2019年4月 2,138,243円 158,229円償却
2020年4月 1,980,014円 146,521円償却
2021円4月 1,833,493円 134,678円償却となります。

つまり今月買い替えをすると下取りは約198万円ですが、来月は183万円ほどとなってしまいます。ちなみにこの何年経過したかは契約月からの経過ではなく3月31日を何回またいでいるかによって計算されます。

又、今月とか来月とかとお話をしていますが、これはあくまで申し込みベースではななく契約ベースのお話となりますのでご注意下さい。

例えば、申し込みは3月29日にしたが契約は4月2日というような場合は198万円の下取りではなく183万円の計算となります。

そうなると今月買い替えをした方が良い気がしますが、今月買い替えをしてしまうとすぐに3月31日をまたぎ次回の下取り金額はすぐに下がってしまいますが来月買い替えをすると現在の下取り物件の査定は下がりますが、1年間は買い替えをしても満額で下取りをしてくれるという事になります。

ちなみにですが、これは仲介市場での人気があるとか人気がないとかはまったく考慮されません。あくまで購入時から何年経過しているかという事だけになります。

となると、自分は市場で購入したのだが、リゾートトラストで買い替えをする場合はどうなるのだろうか。とお思いの方も中にはいらっしゃるかもしれないのでご説明しておきます。

エクシブ会員権を市場に限らず、親からの相続や友人からの譲渡などで所有している場合はこの計算方式は元々リゾートトラストが販売した時まで遡ります。つまり2か月前に京都八瀬離宮のCタイプを業者さんで購入したというような場合でも上の金額になると考えても間違いありません。

ただし、現在所有しているエクシブ京都八瀬離宮を購入したのは開業後に購入したというような方もいるでしょう。例えば、2008年に購入したというような場合は償却回数は14回ではなく13回となりますので198万円ではなく213万円だったりするケースもあるかと思います。

又、自分は一生エクシブ会員権は仲介市場でお世話になるんだ。というような方は今回のお話はまったく無縁となります。

最後に、今回のお話はあくまで買い替えをする時のお話であって解約した時の返金額はまた別の話になりますのでご注意下さい。それはおいおいクラベールが覚えていたら別の機会にお話ししたいと思います。

おそらく、営業がお客さんにわかりやすく説明出来なかった。もしくは説明においてなんらかの行き違いがあったかと思われます。短期間で下取りが半分になるとかはありませんのでご心配いりません。

いろいろ皆さん不平、不満もあるかと思いますがこれからも素敵なエクシブライフを、、、

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.