BLOG

2020.03.06

【運営会社】リゾートトラスト

スノーリゾートは捨てたのか

ここ数日関東地方は暖かい日が続きますが、温暖化現象のためでしょうか。まだ3月だと言うのにどうやら日本各地のスキー場は雪不足で悩まされているようです。

以前、クラベールブログ内ではるか昔にサンメンバーズ赤倉というホテルがあったという話をさせていただいたかと思いますが、丁度グランドエクシブ那須白河の開業の時期と合わせる様に閉館してしまったのがまだ先日の事のようです。

なんの話やねん。(笑)

唐突ですが最近のお客様は少ないかと思いますが、だいぶ昔にサンメンバーズ会員権やエクシブ会員権を購入したお客様の中にはスキーの利用ニーズが少なからずもあったお客様がいたのではないでしょうか。確かにスキーが出来るエクシブと言うとエクシブ蓼科やエクシブ軽井沢を思い浮かべるかもしれませんが、いかんせんホテルから車で移動しないといけない煩わしさが付いてきます。

リゾートトラストはグランディー羽鳥湖スキー場というスキー場を運営していますが、スキー場内には宿泊施設ロッジを備えていますが果たしてこれで良いのだろうかと思う訳です。ちなみにこちらの羽鳥湖スキー場ロッジはどなたでも予約すれば利用する事が出来るロッジになります。

話は戻る訳ですが、以前は赤倉にサンメンバーズ赤倉というサンメンバーズホテルがあり、昔ながらの温泉街にある小さなホテルで記憶では5分ぐらいでゲレンデに行けるというとてもナイスなサンメンバーズ赤倉というホテルが確かにあった。

クラベールは一度先輩社員に連れられてサンメンバーズ赤倉にスキーをしに行ったのが、なんだか学生時代に新宿から夜行バスに乗って目が覚めるとスキー場という貧乏旅行を思い出させる懐かしいホテルになります。

中部地区には以前クラベールがブログ内で紹介させていただいたサンメンバーズひるがのがありますが、こちらもスキー場には歩いていけないし、もうスキーニーズのお客さんは一般ホテルを利用するしかないようです。

30部屋から40部屋規模のゲレンデ前のサンメンバーズホテルあっても良いと思いませんか。

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.