BLOG

2020.02.05

【運営会社】リゾートトラスト

バージョン20を考える

以前、クラベールブログ内でもお話をさせていただいた事があったかと思いますが、現在リゾートトラストで販売されているバージョン20という商品ですが、現在はSグレードまで拡大されて販売をされています。

バージョン20って何?という方のために改めて復習をしたいと思います。

バージョン20という商品は期間が定められているエクシブ会員権になります。契約期間は20年で不動産の所有権を持たないので購入時の不動産取得税や毎年かかる固定資産税などもかかりません。
そのため不動産付きのエクシブ会員権と比べて維持費が安く済むというメリットがあります。

一方、このバージョン20という会員権は契約期間が20年間と定められているために20年すると利用出来なくなるという会員権になります。つまり20年後にまだエクシブを利用したいとなると買いなおさなければならないという事になります。

ちなみにこちらのバージョン20という商品ですが、リゾートトラストのホームページを見てもどこにも掲載されていないのでご注意下さい。

ではどのようにしたら購入出来るのかという事に関しては、リゾートトラストの営業の方に20年契約の会員権出たら教えてと言っておく、もしくは営業さんからこんなんありますけど。とお誘いがあるのを待つしか購入する方法はありません。

ではこのバージョン20は何故にいつでも購入する事が出来ないのでしょうか。

このバージョン20という商品はリゾートトラストで過去に販売された会員権でなんらかの事情によりリゾートトラストに戻ってきた会員権をリメイクした会員権になります。例えば、エクシブ初島クラブの会員権がリゾートトラストに戻ってきたという場合こちらをリメイクしてバージョン20として売りに出すという事になるためになんらかの事情でリゾートトラストの会員権が戻ってこないと売りに出される事はありません。

そのために、バージョン20でも初島のバージョン20とか山中湖のバージョン20とか多種多様になります。勿論占有日があるので予約に関しては通常のエクシブ会員権となんら変わる事はありません。

ではこのバージョン20ですが販売価格はいくらなのでしょうか。
スタンダード250万円
ラージ450万円
スイート650万円
スーパースイート1250万円となります。
つまりエクシブ会員権はホームグランドによって販売価格が変わりますが、こちらのバージョン20はホームグランドがどこだろうと同じ販売価格になります。

これはどのような事と言うと、リゾートトラストでは新規のエクシブ会員権以外はもう不動産付きの会員権を購入する事は出来ないという事になります。

ちなみに経理処理の事をご説明しますとバージョン20スタンダード会員権250万円の場合は250万円÷20=125,000円を毎年均等に償却出来ますので会社などを経営されている方は検討してみるのも良いかもしれません。

ちなみに一つデメリットという訳ではありませんが、20年契約のために途中で辞めたという事が出来ませんのでご注意下さい。

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.