BLOG

2019.09.02

【施設】ハイメディック

ハイメディック東大病院を覗いてみた

先日、上野に行く機会がありましたので帰り道に少し足を延ばして東京大学病院内の22世紀医療センターを見学してきました。

22世紀医療センターとはなんだろうとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、ハイメディック東大病院は正確にお話をすると東京大学病院内にある22世紀医療センター内にあるハイメディックという事になります。

手前の茶色の建物が外来診療棟になり、その隣奥の建物が22世紀医療センターになります。ハイメディック東大病院はこちらの22世紀医療センターの最上階に位置します。よく最上階にあるのがいかにもリゾートトラストっぽいと言われる方がいますが、最上階にあるのは医療機器を入れ替える際に屋上から医療機器をクレーンで釣って天井から入れかえるためにハイメディックは最上階に位置しています。

実際、ハイメディック東大病院はPETMR導入の際に天井を取り壊して最新機器に入れ替えをしています。
東大病院は想像以上に広い敷地にあります。車でお越しの際は慣れていない場合は少し早めに行かれる事をお勧めします。手前の外来診療棟から入られる場合は建物が隣のために迷われる事などはないかと思いますが、駐車場からハイメディックに行かれる場合はだいぶ歩きますのでご注意下さい。

少しなんだか話がややこしいのですが、22世紀医療センターの構想は約20年前の2002年に遡ります。先端医療研究を目的として新しい治療法の開発などや予防医学の研究を日本医学に還元していこうという目的で設置されたのが22世紀医療センターの始まりとなります。

そのためにこの22世紀医療センターにはリゾートトラストだけではなく武田製薬のような製薬会社や画像情報などの研究のために富士写真、NTTデータにような約20社が出資がして22世紀医療センターはスタートしました。その中でコンピュータによる画像診断及び予防医学の研究として選ばれたのがリゾートトラストのハイメディックになります。
22世紀医療センターへは外来診療棟から来られると入り口から一番近いエレベーターから行く事が出来ます。このエレベーターは一般外来の患者さんなどが利用する事はないエレベーターになりますので各階には止まる事はありません。エレベーターに乗るとこのようなホテルのような造りのエントランスが見えますのでこちらがハイメディック東大病院になります。
残念ながらハイメディックは検診される方しか入れませんので内部をお伝え出来るのはここまでですが少しは理解を深めていただけましたでしょうか。

クラベールのツイッター及びインスタグラムはこちらになります。
クラベールTwitterアカウント @XIVCLAVER
クラベールinstaguramアカウント @xivclaver


tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.