BLOG

2021.06.01

【売却】エクシブ売却に関する情報

コロナ禍の仲介相場はどうなった?

今日は現在のエクシブ及びベイコート倶楽部の相場についてお話をしたといと思います。

現在はおそらくどこに問い合わせされてもなかなかご自身が希望されている会員権を見つけるのは難しいかと思います。

勿論、相場を気にしなければ購入する事は出来るかもしれませんが、昔なつかしのプラモデル屋で早朝からガンプラを購入するような状況です。例え朝早く並んでもシャーザクは手に入らないのです。若い方にわかりやすく言うとドラクエⅢのような状況なのです。出勤前にお父さんにビックカメラに並んでもらったが買えなかった。なんでドラクエⅢ買って来てくれないんだよー。と父親を責め立てる小学生のような状況なのです。もうボンバーマンとの抱き合わせで買う方法しかはないのです。

これ書きながら思いついたのですが、人気会員権を購入を希望する人にはもれなく不人気会員権との抱き合わせでないと購入出来ないというのはどうだろうか。(笑)

女性の方に説明すると昔なつかしのタマゴッチ。父親がタマゴッチ狩りに会ったという方もいるかいないかわかりませんがそんな状況です。白を持っている方は自慢したい気持ちもわからないでもないですが、自慢しすぎると親父狩りに会います。(笑)

そこで今日は、約1年前にやってきたコロナが現状の仲介相場にもたらした影響を振り返ってみたいと思います。

まず昨年の今頃はほぼ平常時であったのでまったく相場もそれほど変化はありませんでしたが、会員権の流通が鈍化したのは4月頃から夏の頭まで、もうしばらくはリゾート会員権なんてこんな時期誰が購入するのだろうか?と不安になり、問い合わせなんて来ないだろうからとフリーダイヤルを携帯に転送しベランダに椅子を置き毎日日光浴をしていた頃です。

そんなまったく問い合わせがなかった時期はわずか2ヶ月ほどで終了し、夏ごろからはここ数年で一番取引数が多かったのではないでしょうか。よくわかりませんが、コロナが会員権市場にもたらしたものはちょっとしたバブルの様な物。

この状況は気温の上昇と共に上がり始め、わずか数か月前に頂いていた不安はなんであったのだろうか。という時期になります。

2020年の秋になると、多くの方がこれはお得な金額かもしれない。という価格設定の物はほぼなくなりました。つまりホームページに掲載させていただいている少し割高感のある価格だけが残った。

人とは面白いもので、多くの人が購入しようという時は大抵時期が重なり、需要が高くなるという事は、会員権相場は高くなるのですが、多くの人は欲しい時に買いたいので多少相場が高くても関係ないという事がよくわかりました。

つまり少し割高感があったとしても欲しいのだから購入するのです。となると12月頃の年の瀬の頃には、どう考えてもこの価格が高いと多くの人が思う会員権だけが残り、それでも購入しようと思う人は多いようです。この頃は売却希望のお客さんから問い合わせがあっても今までお問合せがあるお客さんに連絡するのですぐ売れるために週を重ねるるごとにホームページに掲載できる会員権が少なくなっていく状況をただただ見守る日々となります。

昨年末から、現在の状況はあくまでクラベールの現状ですがお伝えしておきます。だいたい10件の問い合わせがあると9件は購入したいのですがという問い合わせです。つまり10件の問い合わせがあっても売却希望のお客様からの問い合わせは1件あるかないか。数えている訳ではありませんが、このくらいかと思います。

おそらくどこも同じ様な状況ではないでしょうか。

このような状況はしばらく続くのかもしれません。つまり業者からすると購入したい。という希望のお客様はどこもたくさん抱えている。そのため売却する会員権があればいくらでも売れるというような状況です。

こうなると、少し安くなりませんか。という様にはなかなかいきません。何故なら、そんな事しなくてもいくらでも売れるからです。

2021年に入り現在はどのような状況かをお話したいと思います。

おそらく半年から1年ぐらいのスパンで仲介相場を見ている方にとっては割高感を感じるかもしれません。特にSタイプやベイコート倶楽部などは以前と比べるとだいぶ高くなった。と思うのではないでしょうか。ただやっかいなのはここからです。

現在、Sタイプやベイコート倶楽部は割高感があって少し鈍化していますが、おそらく多くの方がしばらくすれば元の相場に戻るのではないだろうか。と思うのではないでしょうか。ただ一つ忘れてはいけないのが、先月辺りから、今月辺りから会員権を検討し始めたという方は以前の相場を知りません。

つまりこのグループの方にとっては、現在の相場が唯一の相場となるのです。

誰かがこの相場で購入するのが先か、売却希望のお客さんが価格設定を下げるのが先か。どちらが先なのでしょうか。もうこうなるとクラベールでも今後の仲介相場を予想するのは無理です。例えるなら、ホームページ上で会員権購入希望者と売却希望者がにらめっこをしているような状況ではないでしょうか。

ここ半年~1年で検討してきた。という方にとってはなかなか気分的に購入する事は難しいと思います。以前はもう少し安かった。のにという損した気分になるからです。ただそれも現在の相場が持ちこたえると更に上がる可能性も否定できないので難しい選択を迫れるのではないでしょうか。

はたして、相場は下がるのか、上がるのか、それとも現在の相場がしばらく相場となるのか。クラベールにもわからないのです。

tags: 仲介相場,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.