BLOG

2021.12.14

【施設】ハイメディック

MRCPって何ですか?

先日、ハイメディックを検討されている方からMRCP検査の有無ついてご質問をいただいたので、今日はMRCP検査について少しお話したいと思います。

そもそもMRCP検査とは何だろう?という方が大半かと思いますが、簡単にご説明しますとMRI装置を用いて、胆嚢、胆管、膵管などを調べる検査の事を言います。

放射線や造影剤なども用いない検査のために身体に負担が少ないという事と、超音波機器などでは脂肪や腹部に溜まったガスなどにより見えずらい箇所を検査する事が出来るという事で膵臓癌や胆のう癌などの発見に有効と言われている検査となります。

従来、膵臓癌の検査方法と言えば、内視鏡を十二指腸まで入れ、そこからカテーテルを伸ばし造影剤を入れてX線で検査する。という方法でしたが心と身体の負担、又は合併症のリスクなどからなかなかそこまでされる方は多くはありません。そのためMRI検査機器の能力が向上した事により近年注目されている検査方法の一つとして挙げられます。

つまり膵臓癌が胃の後ろ側にある臓器のために通常の人間ドックでは発見がなかなか難しい事は多くの方がご存知かと思いますが、膵臓癌などは膵管や胆管に異常をきたすために、それらを検査すれば膵臓癌の早期発見に繋がる。という検査方法になります。

この検査で異常が発見された方は通常、ダイナミックCTをするというのが現在の検査の主な流れとなっています。

ちなみですが、ダイナミックCTとは、ヨード造影剤を静脈から急速注入し、検診箇所に届くタイミングを見計らって検査箇所を秒単位から分単位での変化を複数回に渡り撮影する事を言います。

近年、多くの癌は減少傾向にある言われている中、膵臓癌はいまだ増加傾向にあります。

MRCP検査に関心を持たれた方もいるかと思いますが、この検査だけをする。というのはどこの医療機関でもなかなか難しいかと思われます。そもそも検診機器はMRIを用いた検査ですし、がん検診とは腫瘍マーカーやCTなどを組み合わせて、お互いの検査の盲点を補いながら全身をスクリーニングするというのが基本になりますのでこれから人間ドックを受けられるという方は、一度、検査機関にご相談してみてはいかがでしょうか。

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.