BLOG

2021.04.12

【施設】ハイメディック

ハイメディック中古会員権で行く検診の旅 検診施設を決めよう編

本日からいよいよクラベールのリゾートトラスト施設体験記も3rd Stageとなります。

TBSのサスケでいう所の指の第一関節だけでぶら下がるクリフハンガーです。大半の人は意味わからないと思いますので、気になる方はYOUTUBEでサスケクリフハンガーとググってみて下さいとかそんな話はどうでも良いのです。

このクラベールブログ内で過去数回に渡ってクラベールなりにハイメディックという商品がどのような物なのかをお伝えしてきたつもりですが、クラベールブログ3rd Stageにふさわしい企画は何だろうか。と考えた場合リゾーピア久美浜にて活松葉ガニロイヤルコースを食すという夢が断たれた今、それはハイメディック検診の旅ブログではないだろうか。という事でクラベールこれからハイメディック検診を受けに行く事に決めました。

そこで本日から連載企画としてハイメディックのサービスの一つであるハイメディック人間ドックに関して、検診施設の選び方から予約方法、はたまた、検診前までにする事、当日の検診内容、検診を終えての感想などもお伝えしたいと思います。

クラベールもいろいろとハイメディックの検査を受けた方のブログを探してみたましたが、エクシブやベイコート倶楽部の宿泊ブログなどは腐るほどありますが、ハイメディックの検査に関しては、詳細を伝える内容は調べた限りなかったので、おそらく今回のクラベールのハイメディック検査体験記が初となるのではないでしょうか。つまりハイメディックってほぼ謎(笑)

そこで今日はハイメディックの検診施設の選び方とクラベールがどのようにして、検診施設を選んだかをご紹介したいと思います。

まず現在日本国内にあるハイメディックの拠点ですが、山中湖、大阪心斎橋、東大病院、ミッドタウン、東京ベイ、京大病院、名古屋、日本橋の8拠点がハイメディックの健診を受ける事が出来る施設となります。クラベールは比較的自宅から近い検診施設で受信したいと思いましたので山中湖、東大、ミッドタウン、東京ベイ、日本橋の5つから検診施設を選ぶこととしました。

詳しい検診項目などはこちら

それぞれの特徴をクラベールなりに追加しておきました。

それぞれの施設で検診出来るコース
山中湖、専門コース(1泊2日)総合コース、新総合コース(2泊3日)PET/CT
※リゾートを楽しみながら検診する事が出来る世界発のPET検診をスタートさせた施設。
東大病院 新総合コース(1日)PET/MR
※一日で全てを検診するという点と内視鏡検査がないという点、心臓の検査が独自の物である点が特徴です。
ミッドタウン 新総合コース(半日×2回)PET/CT
※女性のスタッフを中心に女性のケアなどに力を入れている施設で3Dマンモグラフィを配置。
東京ベイ 新総合コース(1泊2日)PET/MR
※東京ベイコート倶楽部地下にある検診施設で国内に14台しかない乳房用PETを設置。他2台は名古屋と京都のハイメディックになります。
日本橋 新総合コース(半日×2回)PET/CT
※ハイメディックの中で一番新しい施設

クラベールはこの5つの施設の中からPETMRを受けてみたいという点と苦手な内視鏡検査を避けるという点(笑)つまりヘタレという事ですが、一日で全部終わらす事が出来るという事と心筋ストレインの心臓の検査を受けてみたいという事で、総合的に判断してハイメディック東大病院での検診を受ける事に決めます。心筋ストレインの検査に関してはググると出てきますが、ほぼ理解不能という事で省略します。

つまりハイメディックとは検診される方もよくわかっていないというのが特徴です。(笑)

エクシブの場合、以前宿泊した一般旅館やホテルと比べて、綺麗なお部屋だとか。サービスはこっちの方が良いな。とか、ここは食事が美味しかった。などと過去の経験から比較出来ますが、ハイメディックの場合、大半の受信者が他と比較する事が出来るほどの過去の経験をほぼ持ち合わせていない。そのため何が良かった。とか何が良くなかった。とか受信者もよく理解出来ていないという事もあるかと思います。

このハイメディックという商品は検診を受ける場所によってその施設の特色がありますので、ここではハイメディック東大病院の特色について簡単にご説明したいと思います。

まず最初に挙げられるのが、先程もお話した内視鏡の検査がないという事です。つまり身体的、精神的な負担を極力軽減するという事が一つの特徴として挙げられます。ハイメディック東大病院で検査をして異常が見つかった人だけ内視鏡の検査をすればよいのではないかという新しいアプローチが特徴の一つです。つまり現在多くの人間ドックが取り合えず内視鏡をする。という点からスタートしますが、多くの方がやらなくて良いならやりたくない。というのが本音ではないでしょうか。クラベールもその一人ではありますが、必要な人だけ内視鏡の検査をする。という点が他の人間ドックとは異なる点ではないでしょうか。

また、東大病院のハイメディック検診コースは現役の東大病院のお医者さんが監修したコースになるのも特徴の一つと言えるかもしれません。そして各種研究の成果を検診に随時フィードバックされる事や、22世紀医療センター内で開発された先端技術であるAIによる自動検出装置や2名による読影など、クラベールが知る限り同レベルの検診を行う施設は日本には存在しません。

所有しているハイメディック会員権で検診出来るコース
専門コースは専門コース
総合コースは専門コースを2名、総合コース及び新総合コースを1名
新総合コースは専門コース1名もしくは新総合コース1名

専門コースはガン、脳、心臓の3つから重点的に検査したいと思う項目を選び、一つを検診するコースとなります。つまり山中湖の総合コースを購入すると夫婦で毎年、ガン検診を検査するという事などが出来るという事です。これは夫婦でガン検診を検査した場合は一人当たり15万円という事になります。一般でも受診する事が出来るPET検査と比較しても高いという事もありませんし、それ以外に含まれるサービス等を考慮すると逆にかなり安いと思われます。

総合コース、先に挙げた、ガン、脳、心臓の3つの全てを検診するコースになります。

新総合コース、ガン、脳、心臓の3つのコースの全てを検診するコースになります。

つまり中古会員権の中では山中湖と心斎橋には専門コースと総合コースと新総合コースがあり、それ以外は新総合コースしかありません。つまり、山中湖の専門コースを購入すると山中湖か大阪心斎橋でしか検診を受ける事は出来ませんが、山中湖もしくは心斎橋の総合コースはどこでも全てのコースを検診する事が出来るのでエクシブでいう所のSみたいなイメージでしょうか。

ちなみに東大病院の新総合を購入しても山中湖の総合コースは検診できませんのでご注意下さい。

では総合コースと新総合コースでは何が違うのかという事になりますが、いつものざっくり説明です。総合コースは心臓の検査はPETを使った検診になりますが、新総合コースは心臓の検査はPETを使った検診ではありません。やらないという訳ではありません。異なる手法で検査するという事です。

これらの理由でクラベールはハイメディック東大病院で検診をする事に決めたのですが、それでは早速ハイメディッククラブデスクに電話をし予約をしてみましょう。

次回はハイメディックの予約についてのお話となります。

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.