BLOG

2022.02.08

【施設】サンメンバーズ・リゾーピア他

形あるものはいつかはなくなるという事

どうでも良いが高梨沙羅ちゃんにもう一回飛ぶチャンスをあげてくれないだろうか。

この前オリンピックが終わったばかりだと思っていたら、冬季北京オリンピックが始まったのですが、なんで女子はラージヒルがないんだ。と完全なにわかファンのクラベールですが、よくわかりもしないのにこのルールは変だ。と今更叫ぶところもなく、しょうがなくこのブログ内で呟くのです。

振り返ると、今から20年以上前の話になりますが、サンメンバーズ高山とかサンメンバーズ奥志摩とかサンメンバーズ赤倉などというホテルがあって、お世辞にも現在エクシブ会員権を検討している方々が興味を示すようなホテルではありませんでしたが、確かにこれらのサンメンバーズホテルはありました。

更に遡ると東京の青山や根ノ上山荘などクラベールもそんな所にあったらしいという事しか知らない場所にもリゾートトラストの施設はあったのですが、それらは今となってはどうなっているだろうか。

サンメンバーズ高山に関しては。以前クラベールブログ内のサンクチュアリーコート高山の旅の中でサンメンバーズ高山の現状をお伝えしたかと思いますが、他のサンメンバーズ達は元気だろうか。

サンクチュアリーコート高山の旅はこちら

ちなみに前述したサンメンバーズ赤倉は現在、赤倉ホテルアネックスとして営業しています。

まー不要となったので赤倉ホテルに売却したという事なのでしょうが、あれ?サンメンバーズ赤倉が閉館した理由って安全上を考慮して閉館というのが理由だったと思うけど。などと余計な事を思い出してしまうのです。
GoogleMapより(旧サンメンバーズ赤倉、現赤倉ホテルアネックス)

一応、リゾートトラスト基準だと安全上に問題があったが、他のホテルとしては利用する事が出来る基準という事だろうか。(笑)

赤倉ホテルの公式ホームページはこちら

まーそんな事はどうでもよくて本題に入るのですが、エクシブ会員権を検討する際に、エクシブ会員権とは結局交換してどこでも利用出来るのだから、ホームグランドよりグレードを重視した方が良いのではないか?というのは正しいのでしょうか。

例えば、エクシブ鳥羽本館、エクシブ伊豆、エクシブ白浜本館、これらのエクシブホテルはそう遠くない将来に、かつての高山や奥志摩や赤倉と同じように耐久年数を迎えるという事になるのですが、エクシブは建て替えるとなった場合は持分に応じて費用を負担する。という事になっています。

皆さん知っているのだろうか。と心配になるのです。


tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.