BLOG

2019.11.22

【施設】サンメンバーズひるがの

聖地巡礼の旅 クラベールブログ初登場創作料理ってなんやろね

今回、クラベールがお食事をさせていただいたのは創作料理レストランパンドールになります。というかサンメンバーズひるがのにはレストランはこちらのパンドールしかありません。この創作料理を提供しているのはリゾートトラストホテルの中で今となってはこちらのサンメンバーズひるがのだけになってしまいました。

以前はエクシブ初島クラブのオセアノが創作料理レストランとして営業をしていたり、リゾーピア箱根のレストランはなも創作料理レストランとして営業していた過去がありますが現在ではこちらの1カ所のみとなってしまいました。
こちらがパンドールのレストラン入り口になるわけですが、このサンメンバーズひるがのの一番の売りがレストランエントランスに神々しく飾られている飛騨牛の文字。勿論、クラベールは予算の都合で食べれません。(笑)

このレストランパンドールでは飛騨牛を使ったステーキを提供しているのですが、サンメンバーズひるがに行かれるお客様は本当お勧めです。なら食べろよという声も聞こえてきそうですが、このクラベールブログを続けて行くにもそろそろクラウドファンディングでも始めようかと悩んでいるこの頃です。そうなのです。いつも予算という嫌な言葉が付きまとうのです。
今回もクラベールは奮発して一番お安いコース白樺。(笑)そうなのです。美味しいか美味しくないかは以前のエクシブ鳴門のブログでもお話したのですが金額ではないのです。(笑)
サンメンバーズひるがのでは珍しくコース料理とペアリングしていただけるワインのご紹介などがありとてもお食事が楽しみです。

一皿目はフォアグラを使った洋風茶碗蒸しとカルパッチョです。とても味が深く美味しくいただく事が出来ました。
こちらのスープはとても面白しろい一皿でした。洋風とも和風ともことなり、一口、一口、口にスプーンを運ぶたびに中の食材が異なりそれらがアクセントとなりなかなか既存のリゾートトラストホテルのレストランでは味わう事が出来ない一皿でした。
こちらの甘鯛のあんかけはもう何料理なのでしょう。(笑)ワサビが入っていたり、杏仁豆腐にはいってる赤いやつ。そうそうクコの実。じゅんさいが入っていたりとても面白いですね。和食をベースにその枠にとらわれない一皿。
最後は豚の蒸し焼き胡麻ポン酢ソース。嫌いな方いない料理です。(笑)クラベールはこちらの蒸した豚さんをご飯、赤だしと口にかっこむわけですがとてもわかりやすい料理。
以前のエクシブ山中湖1万円の旅でもお話しましたが、サンメンバーズホテル、エクシブホテル、ベイコート倶楽部に限らず最後のお食事は足りなければおかわりする事は出来ます。一般男性の方でも量が足りないという事はあまりありませんが、食べ盛りのお子さんがいらっしゃるご家庭のおお客様は覚えておくと良いかもしれません。
最後は抹茶とバニラアイスクリームに白玉を添えたものがデザートになります。
クラベールは残念ながら予算の都合で飛騨牛を食べる事は出来ませんでしたが、それを抜いたとしても満足度は高いレストランではないでしょうか。

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.