BLOG

2021.01.21

【施設】エクシブ山中湖

Go to travelで行くエクシブ山中湖サンク再訪の旅 イルコローレ編

このエクシブ山中湖サンクチュアリーヴィラには宿泊者専用となるイルコローレと呼ばれるイタリアンレストランがあります。もとはと言えばサンクチュアリーヴィラはエクシブ鳴門サンクチュアリーとエクシブ軽井沢サンクチュアリーのサンクチュアリーヴィラ創世記はインルームダイニングが出来るという特別なサービスを提供する独自のホテルとしてスタートしましたが、このインルームダイニングサービスを備えるサンクチュアリーははわずか2施設で終焉を迎え、専用レストランを併設するという新たな時代になるのですが、その時期に開業したのがエクシブ山中湖サンクチュアリーヴィラという事になります。
サンクチュアリーヴィラ宿泊者しか利用出来ない事になっていますが、時期によってはエクシブ山中湖本館に宿泊してもイルコローレを利用出来るプランも稀に出ていますので興味ある方はその際に利用するのも良いかと思いますが、あまりおススメは致しません。なんか食後に本館に帰りたくなくなるという現象が稀におきますし、帰ってからSタイプの中古はいくらで購入出来るのだろうか。とか調べてしまいます。(笑)

北山農園の四季を感じてバーニャ・カウダムース
なんだかSタイプ買うんだームースと見間違えてしまいそうなメニューです。(笑)そんなのはお前だけだ。このイルコローレは全てが個室のレストランになりますので、他のお客様に気兼ねなくお食事を楽しむ事が出来ます。

道志村クレソン栽培組合のクレソンと富士吉田のエディブルフラワー
なんだろうか。先日横浜ベイコート倶楽部のリストランテOZIOを堪能してきたのですが、どうしても比較してしまいます。ほおずきが美味しかった。

フォアグラのソテーと白州、山の水農場のキノコ
今日のコースで一番美味しかったのがこちらの一皿😋こういうところに来て焼酎ってありますか?とか聞く友人S。もう次回は奴を誘うのやめよう。(笑)

蝦夷アワビとトリュフのリングイネ
こちらも先程のフォアグラの料理と甲乙つけがたい一皿。アワビとトリュフって、左手のアワビを右手のパスタに加えながら楽しみます。今回のコースの中でこちらの2皿が一番良かったですね。

キャビア添えのメイン魚
うーん。これはどうなのだろうか。グレビッシュソースなるものを始めていただきましたが、どうしても先日の横浜ベイコート倶楽部のウロコ焼きと比べてしまいます。あれは美味しかった。

神戸牛 53度の世界 ビオレマスタードソース
低温でゆっくりと焼き上げたお肉料理なのですが、神戸牛なのですが、決してまずい訳ではないのですが、横浜ベイコートのOZIOの印象がー

葡萄のデギュスタッション
お酒も飲み過ぎて、この一皿を撮影する前にデザートの上に携帯を落とすという失態。😭なんとかフォークで綺麗にしチョイチョイと直して撮影、お前が焼酎ありますか?とか聞くからだ。と心の中で叫び人のせいにする。

以前クラベールブログ内でメチャクチャ良いコースに出会うと、このような現象が起こるという話をした事がありますが、横浜ベイコート倶楽部のOZIOのコースがとても素晴らしかった。という印象だけが残ります。

tags: イタリアン,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.