BLOG

2019.03.03

【施設】エクシブ山中湖

エクシブ山中湖中古会員権を買ってエクシブ山中湖に行こう

今日はエクシブ山中湖についてお話したいと思います。エクシブ山中湖の一番の売りってなんでしょう。富士山ですよね。蓼科高原や伊豆高原を知らない外国人だって富士山と芸者ぐらいは知ってますよね。

そこで今日はエクシブ山中湖を検討するためのアドバイスと周辺の見どころをクラベールなりにお話したいと思います。まずエクシブ山中湖は電車でしか行かれないという方にはあまりお勧めできません。電車でのアクセスはすこぶる悪く、長距離バスなどでの利用が必要となっているからです。新宿から高速バスで山中湖まで行かれた事ある方多いのではないでしょうか。

クラベールからするとリゾートへの移動はいつも車というような方にはすごくリゾートの距離感としては良いのではないでしょうか。

周辺には富士サファリパークや富士急ハイランド、御殿場アウトレットモールなどみどころも沢山あるのです。これらについては今更説明の必要のないと思いますが、クラベール的オススメはワイナリー巡りです。山梨県は日本を代表するワインの産地なのです。ワイナリー巡りをして購入したワインでエクシブで乾杯など出来るのも山中湖ならでは利用の仕方ではないでしょか。。

ただこのエクシブ山中湖、会員権を購入するにはちょっとした注意点があります。すべてのお部屋から綺麗な富士山が見えるという訳ではないのです。

ここからは普通の仲介業者では教えてくれないクラベール流エクシブ山中湖中古会員権の選び方講座です。

ちなみにエクシブ山中湖は富士山を正面に右から1号棟、2号棟、3号棟、4号棟と4つの建物から構成されており、2号棟にフロントやラウンジ、レストランなどの付帯施設があります。

先ず、エクシブ山中湖スタンダードタイプの中古会員権を購入しようと検討されている方ですが、AタイプとBタイプという会員権を購入するとかなりの確率でお部屋から富士山は見えません。これらのお部屋は3号棟というところにあるのですが、3号棟手前に富士山とは違う山の斜面があり景観が抜けていません。そのためお部屋からは富士山は見えないのです。

同じスタンダートタイプでもCタイプとDタイプという会員権を購入すると1号棟というとこにお部屋があり、目の前に遮るものは何もないので素晴らしい富士山の景色がお部屋から望む事が出来ます。

ラージグレードはどうでしょうか。ラージグレードには4号棟にあるEタイプ、3号棟のFタイプ、Gタイプ、Hタイプ、Iタイプと大きく分けて5種類のお部屋があります。お部屋からの眺望という意味ではE,F,Gは富士山が目前の山の傾斜により富士山がかけて見えるというおようなお部屋が多いですが、H,Iタイプは大抵のお部屋で富士山がご覧いただけます。

マニアックな話をするとI2タイプという変わったお部屋があるのですが、仲介市場で見かけたら当たり会員権です。エクシブ山中湖ラージグレードの中で唯一ビューバスになってるのでどうせ同じ金額だして買うならお得ではないでしょうか。

スイートはというとエクシブ山中湖を中古市場で購入される場合はJタイプ、Kタイプどこのお部屋からも富士山が綺麗に見えるので心配はいらないでしょう。ただビュバースのお風呂ですが三段ほどバスタブへ階段があるのでご年配の方はどうなのでしょう。という作りです。現在のエクシブの部屋風呂ではこのような作りをしている施設はありませんが、オープン当時はそこまでバリアフリーという概念がそこまで日本に浸透してなかったのでしょうがないという所でしょうか。

ただクラベール的に山中湖での一番のオススメはサンクチュアリーですね。個人的には箱根のSよりお部屋に関してはよいと思っています。

どこのお部屋からも素晴らしい富士山が望めますし、箱根と比べると、部屋数が多いため、週末でも交換利用でだいたい取れるので箱根のSのように予約でストレスを感じることもあまりありません。

又、箱根にはないエクシブ山中湖サンクチュアリー専用のサロンが利用出来るのもクラベール的には高ポイントですね。ソフトドリンクとお菓子が自由に取る事ができサロンから望む富士山は本当に素晴らしいの一言につきます。サンクチュアリー内にあるイタリアンレストランイルコローレもクラベールは好きですがいかんせん高すぎます。(笑)

エクシブ山中湖の欠点と言えば大浴場施設でしょうか。

以前の山中湖は大浴場施設がないのが欠点でした、で現在は大浴場施設がある事が欠点です。あれどうにかならないものでしょうか。この事に関しては、おいおい又別の機会にお話しますが、本当にどうにかならないでしょうかね。

クラベール的エクシブ山中湖仲介業者で購入する時は所有権のお部屋の注意せよ。でした。

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.