BLOG

2017.06.27

【施設】エクシブ山中湖

中古Sタイプ会員権で行くエクシブ山中湖サンクチュアリーヴィラの旅 大浴場編

今日はエクシブ山中湖の温泉露天風呂についてお話したいと思います。

というのも多くの方の同意が得られると思いますが、あの大浴場。そもそも大浴場と呼んでよいものなのかなどという議論もあるかと思いますが、エクシブ施設では度々なんでこんな風になった?という施設があります。念のためホームページを見直してみましたがやはり大浴場という表記ではありませんでした。

そこで今回エクシブ山中湖を利用したのを良い機会に再度エクシブ山中湖温泉露天風呂について考えてみたいと思います。

まず、このエクシブ山中湖の温泉施設が他エクシブ施設の大浴場とかなり異なる事だけご説明したいと思います。
①予約制、エクシブ山中湖の大浴場は1時間置きの予約制となっていて15名までの予約しか受け付けていません。
②有料、エクシブ山中湖サンクチュアリー宿泊客と山中湖のオーナーさん以外の宿泊客は有料となっています。
③温泉施設なのに体を洗う洗い場がない。
④何故か温泉施設から富士山が見えない。

今回、クラベールが温泉施設を利用させていただいたのは朝の7時になります。前日、チェックイン直後からレストランでの食事までにビール、ハイボール、サワー、日本酒と飲み続け10時には記憶を無くしたため、翌日6時には起きてしまいました。(笑)そこで朝の6時にバトラーの方に温泉の予約をしてもらったのですがかなり混んでいるという事でした。

クラベールはここの温泉施設に1年ぶりぐらいに利用しましたが正直、上記で上げた4つのデメリットを読むと行く気が失せますが、利用してみるとかなり良いです。まず温泉施設に行くまでの小道の作りが素晴らしいのと温泉施設の雰囲気も素晴らしいです。

しかし気になる事があるとすれば実は前日のチェックイン後5時ぐらいに予約しようと思ったのですが予約が一杯で利用出来ませんでした。そこで翌日の朝6時に7時の予約をしたのですが当初は予約が一杯という事で出来ませんでしたが、どなたか朝起きれなかったのでしょうか。わかりませんがキャンセルが出たという事で利用させていただきました。

利用させていただいて感じた事は勿体ないなという事です。

上記であげた4つのデメリットがあるために気軽に利用出来ないのです。この予約制にも疑問です。クラベール7時に行きましたが、7時30分頃になるとほぼ他のお客さんはいなく7時45分になるとクラベール実質貸し切りなのです。クラベールはキャンセルがあって入れましたが、利用したかったのに予約が取れなくて入れなかったお客様もいるはずです。それなのにクラベールの貸し切り状態なのです。クラベール思いました、せめて少しでも多くの方に利用してもらうために30分置きの予約制にしても間違いなく問題ないと。だってクラベールしか入ってないんですから。
クラベールはとても素敵な温泉施設ですがエクシブ山中湖の温泉施設はやはり取り壊すきだと思います。

利用したら4つのデメリットが気にならないほど良いです。ただやはり温泉に入るのに予約をしないと行けないストレスは大きなハンデです。

では取り壊してどうするのか新しい素晴らしい温泉施設を作り直すのです。もちろんリゾートトラストにはそのチョイスは無い事は理解してますのでクラベールの独り言ぐらいの気持ちでお読みください。

新しく利用するかたが満足いく温泉大浴場を作りなおすのです。まず現在あるエクシブ山中湖の温泉施設の最大の欠点は洗い場がないという事とスペースが小さく予約制であるという事ではないでしょうか。

一方あの貧弱な温泉施設の最大のメリットと言えばロケーションです。富士山を正面に望むあの立地は他のエクシブ施設と比べても絶好のロケーションに恵まれています。

ただしいくつかの建て替えする上での問題があります。それは建て替えるスペースの問題と費用の問題です。実はリゾートトラストはエクシブ山中湖の隣接地にいくつか土地を所有しています。ちなみにこのような事はめずらしくありません。エクシブ軽井沢も次々に増設しましたよね。後々の事を考えて施設によってはいくつかの隣接地を所有しているのです。山中湖の場合は3号棟脇の斜面、ここは富士山が見えません。4号棟前の場所にも敷地を所有していますがいろいろ探してみましたがやはりベストな場所は現在の温泉施設がある場所でしょうか。

スペース的な問題はよくよく見てみると無駄なスペースが多いのです。又、現在の脱衣場を上階、下層階を内風呂、外風呂と上の空間を利用すれば現在のようなものではなく立派な洗い場のある温泉施設が作れると思います。作り直す時は湯河原の温泉施設作った設計者はやめてください。(笑)

費用に関してですがエクシブオーナーからの募金で作るのはどうでしょうか。

関西圏や中部地区のオーナーさんからも一律でお金を取るというのはなかなか合意が取れないので募金された会員さんは無料、されない方は有料のような。現在エクシブ、ベイコート倶楽部、サンメンバーズの会員さんは合わせると12万人います。一口あたり1000円募金が集まれば1億2000万ほどになると思います。すでに温泉があるので一から掘りなおすという事ではありませんし、このような事をかんがえているとリゾートトラストお金出してくれなどと結局考えてしまうのですがやはり素晴らしいですが利用する側からすると作り直してほしいですね。

tags: 大浴場,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.