BLOG

2020.09.18

【施設】六甲サンクチュアリーヴィラ

夏旅 2020 エクシブ白浜とエクシブ六甲と

朝食を済ませサロンでチェックアウトを済ませたクラベールはエクシブ六甲サンクチュアリーヴィラを後にしました。

今回、クラベール家がホテルで支払った金額はエクシブ白浜アネックスが2泊で85,000円(3人家族、夕食2回、朝食2回、お酒を少し)エクシブ六甲サンクチュアリーヴィラが1泊(3人家族、夕食1回、朝食1回、お酒を少し)75,000円ほどかかりました。つまりトータルすると16万円ほどエクシブホテルで使ったという事になります。我が家にとっては大きな出費となります。

現在、多くの会員様がお手元にルームチャージ半額券をお持ちかと思いますが、エクシブ白浜アネックス、エクシブ六甲サンクチュアリーヴィラ共にルームチャージ半額券を利用をした金額になります。

つまりルームチャージ半額券を利用しなかった場合はエクシブ白浜アネックスでは約100,000円。エクシブ六甲サンクチュアリーヴィラは90,000円ほどになったかと思いますので、トータルするとルームチャージ半額券の恩恵で約30,000円ほど安く利用する事が出来た。という事になります。
現在はホテルでの支払いから既に35%OFFの利用料金を支払う事になっていますが、クラベールがエクシブ白浜及びエクシブ六甲を利用した段階では利用後に自分で申請するという事でしたので、この利用金額約16万円から5,5万円ほどが無事に還付されればの話ですが、約10万5千円ほどで3泊してきたという事になります。

つまり無事還付されればの話ですが、一人当たりの1泊の料金は11,000円ほどになります。なんかすごく安い。

ではこのGO TOキャンペーンの話をする前に2週間前のブログに時を巻き戻したいと思います。

2週間前のクラベールの夏旅2020最初のブログはこちら

この時点でのGO TOキャンペーンに関してのリゾートトラストからの説明はプランで利用していただければプラン料金から35%の還付が受けれるが部屋予約、夕食、朝食などの個別予約の場合は部屋代金のみ35%の還付になるという事でした。

一方GO TO事務局からの説明はプラン利用に関わらず、お部屋の予約をしたと同時に夕食、朝食を一緒に予約をすればレストランの利用金額も対象になる。という事。ただし、そのレストラン予約がお部屋の夕食と一緒に予約された事がわかるようにしてあるなら。という事でした。

そのためにクラベールは宿泊証明書の備考欄に夕食、朝食の予約は部屋の予約と同時にされました。と書き加えてもらうようにホテルにお願いしたのですが、快くOKしていただいた事により、その宿泊証明書を添付して申請したのですが、果たして結果はどうなるのでしょうか。

この部屋代金、夕食、朝食が個別に予約しても、還付対象内になったかどうかは又、還付された結果がわかり次第このクラベールブログ内でお話したいと思います。

で今回のエクシブ白浜とエクシブ六甲を利用してのクラベールの感想になりますが、1万円足してエクシブ白浜2泊した方が良い。(笑)
エクシブ白浜はご覧いただくようにエクシブ六甲サンクチュアリーヴィラのようにインスタ映えもしませんし、豪華な感じもしませんし、昭和感満載のホテルです。海水浴を楽しめ、お部屋からはアドベンチャーワールドを望む事が出来、ひと昔前のホテルである事は否定できませんが、どちらが満足をさせてくれたかと言うとエクシブ白浜ですね。

一方、関西圏で初のお部屋で温泉が楽しめるエクシブ六甲サンクチュアリーヴィラ。やはり部屋に温泉がある場合ベランダスペースは必須です。自分だけのマイスパを楽しみベランダで寛ぐ事が出来るか出来ないかでは満足度は大きく変わります。エクシブ箱根離宮のSタイプや山中湖サンクチュアリーヴィラ、エクシブ鳥羽別邸のSタイプ、SEタイプはこれらの条件を満たしますが、エクシブ六甲サンクチュアリーヴィラはこの条件は満たしていません。
又、この地から15分程度で行く事が出来るエクシブ有馬離宮の方が素晴らしい。新しく開業するエクシブは既存の全てのエクシブを超える物ではないといけません。これはエクシブ湯河原離宮にも言える事ですが、既存のエクシブと近ければ近いほど、結局エクシブ箱根離宮の方が良いね、とかエクシブ有馬離宮の方が良いね、となるのではないでしょうか。

又、このサロンを配置した場所がどう考えてもおかしいのではないでしょうか。つまりサロンと8号館の配置は逆にした方が良かったのではないでしょうか。サロンから見える景色が雑木林で8号館のお部屋から見える景色が神戸の街と言うのがクラベールには理解出来ません。

まーこのエクシブ六甲サンクチュアリーヴィラの会員権は売れないだろうな。と思う訳です。目と鼻の先の芦屋ベイコート倶楽部ロイヤルスイートと販売価格はほぼ同じ、エクシブ六甲の利用だけを考えれば芦屋ベイコート倶楽部ラグジュアリースイートを購入した方が良いのではないだろうか。と多くの方が思うのではないでしょうか。

まーそうは言っても来年あたり、時間を見つけてエクシブ六甲サンクチュアリーヴィラクールスタイルのお部屋を紹介するために、又、来るかとは思いますが、結論から言うとエクシブのヘビーユーザーの方は次回はエクシブ有馬離宮か芦屋ベイコートに行こうとなるかと思います。

エクシブ六甲サンクチュアリーヴィラを利用しての感想がエクシブ箱根離宮のSタイプはよく出来ているな。というのがクラベールの感想になります。

今回のブログにて夏旅2020の連載ブログは終わりますが、次回はどちらの宿泊記になるのでしょうか。

エクシブ六甲サンクチュアリーヴィラ。残念だなーと思うのです。

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.