BLOG

2020.09.17

【施設】六甲サンクチュアリーヴィラ

夏旅 2020 エクシブ六甲 神戸の街を望む和食

翌朝、昨晩の泥酔状態を反省したクラベールは起きたのが早朝5時半、敷地内を散歩して楽しみます。このエクシブ六甲サンクチュアリーヴィラは先日のブログ内でもお話させていただきましたが、敷地内をカートで移動するように出来ておりますが、エクシブ蓼科のように複雑な造りになっている訳ではありませんので迷う事もないかと思います。
こちらはカートの駐車場と言った所でしょうか、改めて敷地内を散歩すると敷地の広さを実感する事が出来ます。そこまで複雑に宿泊棟が配置されているわけではありませんのでカート道を徘徊していると虫の鳴き声が聞こえてきます。どうやら夏も終わりの様です。
次回は2号棟に興味を持ったのですが、隠れ良き部屋かもしれません。そんな時間潰しをしていると、朝食の時間になりましたのでセンター棟へと向かいます。
こちらは和食レストラン華暦から撮影したものになりますが、左手に見えるのが8号棟、下に見えるのが1号棟となります。昨晩はよくわかりませんでしたが、この神戸の街を楽しむのは夜より日中の方が良いという事なのではないでしょうか。
右手にはゴルフ場が見えますのでおそらく関西圏の方はよくゴルフをしにこの辺りに来るのでしょう。
つまり何が言いたいかと言うと朝食も美味かったが気になる事があってこのエクシブ六甲、ちょこちょこ、他エクシブより高いという事です。小さい事気にするなとかありますがサンメンバーズ、リゾーピアの朝食が1800円で多くのエクシブが2000円。一部離宮系エクシブが2200円で六甲だけ2800円ってどういう事?と思うのです。
おそらく卵が他エクシブでは見た事ない鳥の巣みたいなもので提供されるので600円高いという事でしょうか。まーそれは冗談として、朝食は全然悪くないです。本当不味いとかないのですが、600円高い基準がわからないのです。
確かにエクシブ白浜での和食の朝食より良いのは間違いないのですが、他エクシブ離宮との和食朝食との違いがわからないのです。つまり600円高い事を言ってる訳ではなく600円高いなら600円高いだけの事はある。と思わせて欲しいのです。
これは朝食に限った事ではありません。お子様ランチは5000円となりますが、この料金設定は他にもエクシブ京都八瀬離宮とエクシブ鳥羽別邸もお子様ランチを5000円で提供していますが、エクシブ箱根離宮などのお子様ランチとの差額1500円の差を感じる事はほぼありません。
確かにこのプリンは美味かった。何故、となりのテーブルの人達はまったく手を付けなかったのだろうか。ダイエット中か。とかどうでも良いですが、2200円にするべきではないだろうか。
食事を終えたクラベール一家は宿泊棟サロンでコーヒーをいただいた後、宿泊棟へと戻ったのですが、クラベールの前を歩いていた奥様は何故かゲートへと道を下って行きました。クラベールの奥様は白い車ならなんでも同じ様に見えるらしいのですが、先日も他人様の白い高そうなベンツのドアを開けようとした訳ですが、過去に同様の経験をした事がある人はまったく複雑ではなくても迷う時は迷います。

つまり相当な方向音痴の方はご注意下さい。

tags: 朝食,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.