BLOG

2019.09.19

【施設】グランドエクシブ鳴門

中古ラージグレード会員権で行くエクシブ鳴門の旅 ルッチコーレ編

アロマハウスでさっぱりとしたクラベールはエクシブ鳴門本館に行きチェックアウトをしてからお昼をどうしようかと悩んだのですが、グランドエクシブ鳴門でランチタイムにお食事をしようとなるとザ・ロッジにあるイタリアンレストランルッチコーレでお食事をするかエクシブ鳴門本館にある中国料理翆陽でお食事をするのかの2つのチョイスになります。
ご覧いただく建物はグランドエクシブ鳴門内にあるザ・ロッジという建物になります。先日のブログ内でも紹介しましたが、グランドエクシブ鳴門を開業する前からこの場所にあった施設になります。こちらは元々は瀬戸内カントリークラブ時代からある建物になるので現在でもゴルフ会員の方々の宿泊施設として使われている施設になります。
エントランスに入るとどこかのマンションのような造りになっているのが特徴で施設自体もそこまでこった造りではありません。ちなみにこちらのロッジに関しては、会員制ホテルではないために楽天トラベルなどで予約する事が可能となっています。このような施設としてはグランドエクシブ那須白河のザ・ロッジも同様な扱いになっていてリゾートトラストの会員権を所有していなくても宿泊する事は可能です。
エントランスホールを見上げると大きな吹き抜けになっているのが特徴的ですが、クラベールとしてはエクシブ鳴門本館は十分に楽しんだし、せっかく徳島まで来たのだからザ・ロッジの施設も見学してから帰ろうという事でザ・ロッジ内にあるイタリアンレストランルッチコーレでお食事をする事に決めました。
こちらが、イタリアンレストランルッチコーレになる訳ですが、いやー流石のクラベールもグランドエクシブ鳴門ザ・ロッジ勉強不足でした。

エクシブホテルイタリアンレストランルッチコーレ、クラベールも含めて大半の方がイタリアンレストランという認識かと思いますが、ゴルフを楽しむおっちゃん達の憩いの場と化してました。しかもランチタイムはゴルフを楽しむおっちゃん達のためにメニューはカツカレーやら丼ものやルッチコーレじゃないやん。という状態。(笑)しかも大声でゴルフ談義を楽しむのおっちゃんパラダイスになっていました。

ルッチコーレのスタッフの方には大変申し訳なかったのですが、注文するのを辞めて席を立ったのですが、おそらくクラベールと同じようなお客様が多いのでしょう。スタッフの方も理解しているようでした。正直、なんだこれは。と当初は思いましたが、このクラベールブログの編集作業をしている今となってはこれはこれで良いのだという認識です。

まったく閑散としているよりゴルフを楽しんでゴルファーの方々に重宝されているならそれはそれで良いのかもしれません。ひょっとすると中にはなんだこれはとお思いになりスタッフの方に怒りをぶちまける方もいるかもしれませんが、自分の想像と違ったのであればスタッフの方に断りを入れて席を立てば良いのです。
クラベールはせっかくザ・ロッジまで来たのだから、ゴルフ場内を少しだけ散歩しました。グランドエクシブ鳴門はホテルライフを楽しむ方だけの物ではなかったと改めて勉強させていただきました。こちらの写真は明け方の6時頃グランディー鳴門ゴルフクラブを散策させていただいた時に撮影したものになります。夜が明けたばかりという時間なのにゴルフ場を整備しているスタッフの方が輝いて見えました。

このゴルフ場を整備しているスタッフの方々はおそらくお客様と接する機会はほとんどないでしょう。ゴルフはまったくしませんが、なんだか有難うと言いたくなった朝でした。

tags: イタリアン,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.