BLOG

2019.09.18

【施設】グランドエクシブ鳴門

中古ラージグレード会員権で行くエクシブ鳴門編 アロマハウス編

ガーデンプールで汗をかいたクラベールはグランドエクシブ鳴門内のアロマハウスを利用しに行きました。アロマハウスとは何だろうという方のために簡単にご説明しますと通常ホテル内にあるスパ施設ですがグランドエクシブ鳴門のスパ施設はホテル内にはなく先日のグランドエクシブ鳴門徹底ガイドでお話をした施設内を循環しているバスに乗って行くという事になります。
こちらがアロマハウスとなるわけですが、エクシブ鳴門本館から歩いてきても10分ほどになります。ちなみにクラベールはエクシブ鳴門本館から歩いてきたわけですが、いやー夏は止めた方が良いですね。歩いて3分で後悔しました。(笑)
アロマハウス施設内に入るとこちらのようになっています。受付で部屋番号を記入するとアロマハウスのロッカーキーをいただけるようになっています。ご夫婦で来られた場合でもこちらのソファで待ち合わせなどをする事が出来る様になっているので煩わしさを感じる事はありません。こちらは1階になりまして階段を上がるとスパ施設という事になりますが、エレベーターも設置してあるのでご年配の方も心配はいりません。
2階に上がると当たり前ですが男性、女性は別になります。
先日、ラグーナベイコート倶楽部のスパ施設を利用したので落差を感じますが、エクシブホテルでもひと昔前のスパロッカーはこんな感じになります。強いて言えばスパ上がりにちょっと休憩出来るようなスペースが欲しいのですが、あるのはありますが、とても貧弱です。

エクシブ鳴門のガーデンプールで汗だくになりながらの真夏に徒歩10分でもう気持ち悪さマックスのクラベールは足早にスパへと行きました。
いやー今日のためにアロハウス貸し切りしておきました。ちなみにグランドエクシブ鳴門のアロマハウス貸し切り料金は無料です。(笑)
右を見渡せば瀬戸内海が一望出来るロケーションになります。絶景とはこの事を言うのでしょうか。
左を向くとエクシブ鳴門サンクチュアリーヴィラが顔を出しています。ここでクラベール考えたのですが、もし今この場所にアロマハウスを建設したらどのようになっただろうかと。間違いなくこの眺望の邪魔になる鉄柵がない造りにしたのではないだろうかと。

tags: 大浴場,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.