BLOG

2021.08.26

【施設】グランドエクシブ鳥羽

エクシブ鳥羽本館VSアネックス旅 第十章

今回、クラベールは2泊目のディナーをイタリア料理アラゴスタで頂く事にしました。20年以上の長い月日をエクシブと付き合っている訳ですが、こちらのアラゴスタを利用させていただくのは初めてとなります。
そのため奮発してしまえ!という事で1万円のコースになります。まー良いか来月は毎日お茶漬け、マックのダブルヘッダーで凌ごう。
おーなんか初めて見る感じ。という事ですが、このアラゴスタよく定義がわかりません。(笑)エクシブ淡路島にもアラゴスタという冠のレストランがありますがそちらは鉄板バイキングとなり、イタリアンレストランではないのです。まーそんな話は良いのですが。

伊勢まだいのマリナータに黄ピーマンのムースと柑橘の香りパウダー
なんだろうか。まったく記憶にないのですが、クラベールの奥様が言うには中央の黄色の物体はパプリカのジュレだった。と言っています。(笑)

とうもろこしのズッパに玉ねぎのムースとラベンダーの香り
これは面白い一皿。コーンスープなんですが、喉を通る時にかすかなラベンダーの香りがするのですが、クラベールの奥様はまったくラベンダーの匂いがしなかったという事だったのですが鼻がぶっ壊れているのではないだろうか。

雲丹のクリームソースパスタに木の実の香りフランポワーズ
正直、これはあまりいただけなかったですね。不味いとかではないんですが、横浜ベイコート倶楽部の大塚料理長のパスタとか食べた事あると正直がっかりする一皿。あの横浜ベイコート倶楽部OZIOの味を知らなければ別に良かったのですが知ってしまっているんです。悲しい事に。それとちょっと雲丹ソースが硬すぎるし、パスタの湯で具合も微妙だし、たまたまクラベールに提供されるお皿だけだったら良いんですが、うわー。

松坂牛のロース肉のグリッリアにソースアロマーと
メイン料理は伊勢海老、松坂牛、黒アワビから選びます。鳥羽に来る途中に松坂、伊勢と通過してきましたが、もうこれは選べない。どっちも頂戴と言いたい所ですががクラベールは松坂牛のメインを選びました。これは正解ではないだろうか。三振したかと思いきや振り逃げで一塁に出塁という気分。先程のパスタをの借りを返すのです。女性の方で意味のわからない方は旦那さんに聞いて下さい。

伊勢海老のヴァボーレまるごと一匹をサルモリッリオ風で
こちらはクラベールの奥様が頂いた伊勢海老のメイン。正直こちらの伊勢海老のメインの方がインスタ映えはします。まーこれは好き好きではないでしょうか。結局一口だけいただいたのですが、クラベールは松坂牛で正解であった。と思います。どうでも良いですが付け合わせの椎茸が肉厚で素晴らしかった。

季節のフルーツジュレとジェラート・ヨーグルトパンナッコッタ
最後はデザートとなりますが全体的にインパクトに欠けるのが残念です。

今回エクシブ鳥羽翆陽と鳥羽アネックスアラゴスタではどちらも個室でお食事をさせていただきました。
アラゴスタ個室はプールサイドにあり、プールサイドから日が落ち少しずつ夕暮れになるグラデーションのような空を見ながらお食事をさせていただいたのですが、たまには家族でこんな贅沢な時間を過ごすのも良いのではないでしょうか。

tags: イタリアン,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.