BLOG

2021.08.23

【施設】グランドエクシブ鳥羽

エクシブ鳥羽本館VSアネックス旅 第七章

翌朝の朝食はちょっと遅めに起きて、ホテルではなくホテル周辺で頂く事にしました。

まず最初に気になったお店がグランドエクシブ鳥羽のメインエントランス脇にあるCIAOというカフェ。メープルシロップかけて頂くパンが有名らしくメチャクチャ美味そうではないかという事で伺ったのですが、なんとだいぶ待たないと入れないという事でギブアップ。
あーもう口がメイプルシロップの口になってしまっている。どうしよう。しかも看板に書いてある牡蠣のグラタンってメチャクチャ美味そうではないか。さっきまで口がメイプルシロップの口でしたが、牡蠣を食すのも悪くないな。という事で車を鳥羽駅方面と反対側に走らせるとすぐにあったのがこちらのお店。
グランドエクシブ鳥羽のメインゲート(立派な方)を背に左折すれば1分ほど。エクシブ鳥羽アネックス近くの裏口ゲート(ショボい方)を背に左折して車で30秒ほどの所に見つけたのがこちらのなんとも哀愁漂うこちらの小屋。何より営業中の看板が出ているのにまだ準備中という店+なんだか愛嬌抜群のおじさん。大抵こういう店はクラベールの経験上美味いのです。
ちなみにこの小屋から見えるエクシブ鳥羽アネックス。とても近い場所である事がおわかりになるかと思います。エクシブ鳥羽アネックスのエントランスからでしたら歩いても6,7分ではないでしょうか。
念のため、メニューを掲載しておきます。まーお値段は少々張りますが、食材は間違いないのが出てきます。この帆立貝の大きさ。なかなか写真では伝わらないかと思いますがとても立派なのが出てきます。
昨晩も立派なサザエを頂きましたが、醤油をちょんちょんとすればもう神様有難うございます。まー鳥羽のホタテって聞いた事ないぞ。とかどうせ養殖だろとか。いろいろありますが、なんか夏に海岸線沿いの小屋で海鮮バーベキューしたという思い出作りには満点の店の雰囲気ではないだろうか。
魚介類の宝石箱だー。
牡蠣ってシーズンは冬ですが、なんだこの見事な牡蠣は。と大満足ブランチになるのですが、クラベールのように食い散らかすと、エクシブの和食朝食の方が安かった。となります。(笑)
最後はシラス丼を頂いて、せっかくなのでお伊勢参りと向かうのです。


tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.