BLOG

2018.01.16

【施設】グランドエクシブ鳥羽

エクシブ中古会員権で行く鳥羽別邸 SEタイプ編

今回クラベールが宿泊したエクシブ鳥羽別邸のお部屋はSEタイプのお部屋になります。その理由として約9か月前にオープンしたエクシブ湯河原離宮とのお部屋の比較検討をするというのが今回の目的でもあるからです。

チェックインを終えたクラベールですがお部屋までの道のりは宿泊するお部屋にもよるかと思いますが、池を取り囲む景色なども楽しみながら行く事が出来るとても素晴らしい造りとなっています。

エクシブの中古会員権を検討されている方は各施設のEグレード会員権をご購入すればこちらのお部屋がご利用いただけます。

蓼科Eタイプ、初島Eタイプ、琵琶湖Eタイプ、浜名湖Eタイプ、京都八瀬Eタイプ、有馬SEタイプ、箱根SEタイプを購入すると今回クラベールが宿泊した鳥羽別邸のSEタイプを利用出来るのでスイートグレードを検討されている方はご参考にして下さい。それ以外の施設のEグレードを検討されている方は、グレードとタイプが複雑なので専門の業者さんに聞いてみるのがよろしいかと思います。

まずエクシブ鳥羽別邸のお部屋ですが、廊下からそのお部屋が何タイプかわかるようになっています。部屋タイプによってお部屋のドアも重厚になっていくからです。ただし鳥羽別邸ではあからさまな作りではないため、多くの方が部屋タイプによってドアが異なる事に気づいてないと思います。

エクシブ鳥羽別邸のお部屋はお部屋の内装もそうですが、和のテイストを今風にしてあるとてもおしゃれなお部屋になります。というか文句の付けようがない。の一言です。

お部屋自体が畳のお部屋のため、お部屋の前で靴を脱ぎます。SEタイプは湯河原離宮同様、お部屋で温泉が楽しめるのですが、湯河原離宮の部屋風呂とは同じグレードだと思えないほど素晴らしいです。

特徴としては写真でも確認していただけるように、お部屋で温泉を楽しんだ後に休憩出来るアウトドアの休憩スペースがあります。

クラベールの個人的な意見ですが、お部屋で温泉が楽しめるお部屋にとって外のスペースとの繋がりはとても大切です。つまり以前山中湖サンクチュアリーヴィラでのブログでもお話したようにこの外気との繋がりは温泉を楽しむためには不可欠です。

正直クラベールこれがあると山中湖サンクチュアリーヴィラでやってしまった、温泉にビール、酎ハイを何往復もしてしまいます。もうダメ人間になるために作られたような施設です。(笑)これが味わえるのはエクシブ施設の中では箱根のS、山中湖サンク、鳥羽別邸SEもしくはSだけになります。ちなみにあと4か月ほどでオープンする六甲サンクではこの休憩スペースはお部屋にありません。

この事についてはいつか六甲サンクチュアリーヴィラがオープンしたら又機会を見て検証したいと思います。

クラベールがよくわからないのは、このエクシブ鳥羽別邸をオープンさせた翌年にオープンした施設が何故あのようになったのでしょうか。

話は鳥羽別邸のお部屋の話に戻りますが、おそらくクラベールだけではなく、多くのお客様がこのような利用の仕方をしていると思います。丁度、クラベールがベランダスペースで寛いでいると、反対側のご年配のお客様がご夫婦でバスタオルをまいたままベランダで涼んでいらっしゃいました。

これが何故か全く気にならないのがこの施設の特徴でしょうか。温泉を楽しみに来ているのだから、老若男女裸になるのは当然です。

又、通常、有料になるリゾートトラストオリジナルミネラルウォーターが無料なのと伊勢茶のクリーム大福まで一箱無料でお部屋に置いてあります。このエクシブ鳥羽別邸が温泉を楽しむために来てください。というのをとても感じますね。

ちなみにお部屋の寝室はこのような感じです。

エクシブ鳥羽別邸SEタイプはエクシブ箱根離宮、有馬離宮、鳥羽別邸、湯河原離宮のSEタイプの中で一番満足度が高いお部屋になるのではないでしょうか。

次回はクラベール鳥羽別邸で炭火焼きレストランを食すに続きます。

tags: SEタイプ,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.