BLOG

2017.09.02

【施設】グランドエクシブ初島クラブ

エクシブ初島クラブ お部屋編&大浴場編

今日はエクシブ初島クラブのお部屋についてお話したいと思います。

現在に至るまでエクシブ湯河原離宮ではSEタイプ、エクシブ山中湖ではサンクチュアリーヴィラのSタイプ、先日のエクシブ山中湖ではよくよく考えたらお部屋の話まったくしていませんがスタンダードDタイプのお部屋をご紹介したので残るラージタイプのご紹介になります。

又、次回辺り蓼科や那須などの旧エクシブのEグレードのご紹介をしたいと思います。

エクシブ初島クラブのラージタイプは他施設のラージより基本広いという事が言えます。

約100平米あるDタイプと80平米ほどのCタイプ。違いはというとDタイプが2つのベッドルームにリビングルームが独立という作りに対して、Cタイプはベッドルームにもうひとつのベッドルームはリビングと一体型になっているというような作りになっています。

これはエクシブ初島クラブの歴史の中でもともとは長期信用銀行が初島クラブを当時600億という事業費で建設し経営破綻したのをリゾートトラストが引き継いだという歴史があるからです。当時の金額は20億でした。それからリゾートトラストが80億ほどかけてリニューアルしたという歴史があります。

そのためエクシブ初島クラブでは極端にスタンダードグレードが少ないためスタンダードのお客様でもラージタイプがご利用いただけるというレギュレーションを取っています、これはサンメンバーズ会員さんでもラージタイプがご利用いただけます。

クラベールが宿泊したお部屋はエクシブ初島クラブのラージタイプの中でも一番部屋数が多いDタイプです。

数多くのエクシブを周っている方からしたら最近のエクシブと比べるととても質素な感じに映るかもしれませんがこちらのお部屋で4名定員です。エクシブをご利用された事がない方からするととても広く感じると思います。

ベッドルームには浴衣が用意されていてエクシブでは珍しい浴衣で大浴場に行ける事が他施設のエクシブと大きく異なるところでしょうか。又、現在では飲料水などにも含まれている海洋深層水の温泉が入れる珍しい温泉となっています。

この大浴場ですがクラベールの気のせいでしょうか。開業当時と比べるとお湯の色が濃くなっている気がします。ひとつ残念なのが私の記憶だと6、7年前に塗装をし直した記憶があるのですが、これは塩分のせいでしょうか。温泉の成分で清潔感が失われています。これは1年ほど前に訪れた時も感じましたが残念観がありますね。

そんな事をいろいろ考えていたら、シュノーケリングを終えた子供たちが頭に水中めがねをしたまますごい勢いで入ってきました。ここはプールじゃないのにと思いましたが何故かこの子供たちを怒る気にはならなかったですね。

正直これエクシブ箱根離宮やエクシブ湯河原離宮でこのように勢いよく入って来る子供がいたら苛立ってたでしょうが、この初島という場所でしょうか。まったく不愉快ではなかったですね。子供は元気が一番などと感じるクラベールでした。本当、大人って勝手ですよね、自分の都合よく解釈するのですから、子供にとって初島も湯河原も同じ小さいプールなのに。(笑)

改めてエクシブ初島クラブはファミリ―で来るには最高の場所だなと感じる事となりました。

tags: Dタイプ,ラージ,大浴場,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.