BLOG

2017.11.19

【施設】グランドエクシブ軽井沢

中古スタンダード会員権で行く軽井沢パセオ CBタイプ編

今回クラベールが宿泊したのはエクシブ軽井沢パセオCBタイプになります。

何故CBタイプかと言うと今回のテーマはエクシブの古いエクシブスタンダードを購入したらどのくらいエクシブを楽しめるかという事だからです。現在仲介市場でエクシブを検討されている方はクラベールの中古会員権一覧をご覧いただくとAグレード(スタンダード)が30万円から50万円ほどで売買されているのをご覧いただけると思います。

勿論、エクシブ箱根離宮やエクシブ有馬離宮などの離宮シリーズの中古会員権を購入するのは諸費用込みで100万円でという訳には行きませんが、関東圏ですと山中湖や蓼科などの場合50万円以下で購入する事が出来ます。

今まで、エクシブ湯河原ではSEタイプに宿泊し山中湖ではサンクチュアリーのSグレード、初島では広いラージクラス、伊豆では狭いラージクラスをご紹介させていただいたため、クラベールも予約する際、各施設のいろいろなお部屋をご紹介するために大変なのです。

そこで多くの人が疑問に思うのがそんな諸費用込みで100万円で購入出来るエクシブですが利用する時どんな部屋なのかという心配がありますよね。もちろん施設によって同じスタンダードクラスでも良しあしがあるかと思いますが、関東圏ですと、箱根、軽井沢パセオ、湯河原、中部地区ですと鳥羽別邸や浜名湖、関西圏では鳴門や有馬などでは十分すぎるお部屋が利用出来ます。

そこで今日はスタンダードクラスを所有する事によってエクシブ軽井沢パセオに宿泊した場合に利用出来るお部屋をご紹介したいと思います。今回ご紹介するお部屋はサンメンバーズを購入しても利用出来るのでご参考にしてみて下さい。

こちらがエクシブ軽井沢パセオCBタイプ和洋室になります。

広さは67平米でルームチャージは15,100円定員は5名になります。
つまりこのお部屋を5名で利用した場合は一人当たり3000円ほどになるのです。写真には写っておりませんが、左側に和室がありベッドの他に3名宿泊出来るようになています。室内にはトイレの他にバスタブもあり、大浴場に行くのは面倒という方にはお部屋でゆっくりバスタイムも楽しめるような作りになっています。

正直十分ではありませんか?

初期投資として約100万円ほどかかりますが、ファミリー利用の場合、一回の利用時に一人当たり約3000円~4000円でこのようなお部屋が利用が出来る。必ずしも我が家はリッチというご家庭ではなくても頑張れば購入出来る金額です。
ここ10年ほどでオープンしたエクシブはスタンダードクラスでも十分楽しめる作りになっています。写真を見ていただければわかるように手前側にはソファなどがあり家族でゆっくりくつろぐという事も十分です。

エクシブ以外の会員制リゾートとどこの会社のホテルと比較しても申し分ない作りです。総額100万円で購入できる会員権としては十二分に合格点ではないでしょうか。

tags: CBタイプ,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.