BLOG

2018.09.05

【施設】エクシブ京都八瀬離宮

中古Cグレード会員権で行くエクシブ京都八瀬離宮の旅 レストラン編

エクシブ京都八瀬離宮に滞在しているクラベールですが夕食はイタリアンレストランジョバーノでお食事をさせていただく事になりました。
現在京都八瀬離宮には5つのレストランがあります。和食、鉄板焼き、中国料理、フレンチ、クラベールが利用させていただいたイタリアンレストランジョバーノになります。

価格設定からするとエクシブ京都八瀬離宮で一番カジュアルなレストランとなるわけですが、エクシブ京都八瀬離宮イタリアンレストランジョバーノはエクシブ旧施設に多くあるイタリアンレストランルッチコーレなどと比べると満足度が高いレストランなのではないかと思います。

元々エクシブ京都八瀬離宮はオープンした当初、ジョバーノを現在のエクシブ離宮シリーズにあるイタリアンレストランマレッタのような位置づけとしたレストランでした。エクシブ京都八瀬離宮のレストランの中ではそれでも一番カジュアルなレストランであったわけですがオープンキッチンにするという試みや従来のイタリアンレストランに遊び心を入れたとても雰囲気もよい素晴らしいレストランとしてスタートしました。

現在ではイタリアンレストランジョバーノは2つのゾーンへと分けられています。元々はエクシブ京都八瀬離宮にはフレンチレストランはなくクラベールが利用させていいただいたジョバーノがカジュアルとフォーマルに別れていたのですが現在はフォーマルな方がフレンチレストランへと変更されています。

さーイタリアンレストランジョバーノへと行ってみましょう。
普段はこちらのジョバーノのレストラン扉ですがレストランがオープンしている時間は空いているためにどなたも気づかないのですが、このようにドアノブがフォークの形をしているとても可愛らしいレストランになります。
少し前のエクシブは良いですね。洗練したスタイルの中に遊び心がありました。昨今のエクシブ新規施設にはこのような遊び心がなくなってしまたのは残念な限りです。

クラベールがお食事を取らせていただいたのは5000円のショートコースになります。エクシブ京都八瀬離宮で一番金額的の安いコースとなりますが、質、量とも十分な内容になっています。
大抵エクシブ施設のイタリアンレストランのコース設定は5000円、7000円、10000円となっているのですが、5000円と7000円のコースの違いはメインが1皿なのか2皿なのかという事になります。

このメインのお皿は1皿の場合はお肉料理で2皿の場合はお魚とお肉のメイン2皿というようになりますが、1皿チョイスでもお肉が苦手な方はお魚に変更してくれます。こちらは明文化してあるサービスではありませんがどちらのレストランでも断られた事はありませんのでお肉が苦手な方は申し出る手もあるかと思います。

こちらは前菜の一皿ですがマグロと色とりどりの新鮮野菜の1皿ですがとても美味しかったです。目で楽しむ事が出来ますし雰囲気も最高です。
この後パスタ、お肉料理と続きましたが、デザートまで内容の濃いコース料理でした。
丁度一年前ですがクラベールがエクシブ初島クラブポルトにて同じ金額設定5000円のコースを取らせていただいたのですが同じ料金とは思えない内容だったのでジョバーノは大変お勧めレストランになります。

最後にですがエクシブでは珍しく後半席のデザートの時間に料理長がそれぞれのテーブルを回って挨拶をしていらっしゃいました。
正直珍しい光景です。クラベールは数名ですが懇意にしていただいている料理長がいるので挨拶に来ていただけるのですがこちらの料理長さんはすべてのテーブルに挨拶のため回られていました。
こーゆーことなんだよね。このような事って別にお金がかかるわけじゃありませんよ。みんないい気持ちになりたいんですよ。素晴らしいではないですか。

tags: イタリアン,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.