BLOG

2018.09.04

【施設】エクシブ京都八瀬離宮

中古Cグレード会員権で行くエクシブ京都八瀬離宮の旅 お部屋編

現在中古会員権相場で購入出来るエクシブ会員権ラージグレードですがホームグランドにもよりますが関東圏、中部地区、関西圏どこのエリアでも本体価格100万円以下で購入する事が出来るかと思います。果たして100万円で購入した会員権でどのようなお部屋に宿泊出来るのでしょうか。これから会員権を購入しようというお客様にとってはとても興味があるかと思います。

今回クラベールが宿泊したお部屋はCグレードラージになります。勿論先日のブログでご説明したCグレードお庭の見えるお部屋になります。その辺りは抜かりないのですがクラベールのように仕事の一環でエクシブに宿泊したりしていると寝たらどこも一緒という感覚に陥ります。だんだんとどんな部屋に宿泊するのかというお部屋タイプに興味が薄れてくるのです。

そこで今日はエクシブ京都八瀬離宮Cグレードについてお話したいと思います。

エクシブ京都八瀬離宮Cグレードは部屋数が一番多く設定されているために京都八瀬離宮の中でも一番予約が取りやすいお部屋になるかと思います。お部屋の広さは約70㎡ほどありますので他施設のCグレードより若干広いという事になりますがそれを感じる事はないでしょう。
このお部屋の作りですがエクシブ琵琶湖以降からエクシブ鳴門本館までに多く採用されたお部屋タイプになりファミリーで利用されるお客様にとってはクラベール的にはとてもよく作られたタイプになるのではないかと考えています。

同じラージタイプでも山中湖のFタイプやGタイプ。浜名湖のCグレードなど大きなお部屋一つにしてしまうと例えば義理のお父さん、お母さんなどが孫と行きたいというような場合、奥様などは義理の両親と一緒の部屋というのは抵抗があるかもしれませんが、琵琶湖から鳴門本館までのCグレードのお部屋では奥様はある程度のプライバシーが守られます。まして4人家族で旅行などという方にはもう十分過ぎます。

お部屋の内装はと言うと下の写真のようになります。
クラベールも当初京都八瀬離宮開業の時は日本らしいお部屋になる事を願っていたのですが、これはこれでとても良いお部屋になります。
京都八瀬離宮は離宮シリーズの中で唯一人数別のお部屋タイプの設定がありません。ベッドが2つにリビングスペース。洋風畳の和室に3名が宿泊する事が出来るようになっており定員はタイプグレード問わずすべてのお部屋が5名定員になっています。

エクシブ京都八瀬離宮は現在の離宮シリーズの内装の先駆けといっても過言ではありませんね。

ちなみにこちらのエクシブ京都八瀬離宮のCグレードですがお部屋のお風呂はバイブラバスになっています。ジャグジーと言った方が皆さんにはご理解いただき易いかもしれませんがラージのCグレードでお部屋のお風呂がバイブラバスになっている珍しい施設になります。
エクシブ旧施設を見て行くとお部屋のお風呂がバイブラバスになっているのは一般的にスイートであるEグレード会員権からになるのですがエクシブ京都八瀬離宮のラージにはバイブラバスの設定がありますので、大浴場で楽しむのも良いかもしれませんが一つお部屋のお風呂を楽しまれてはいかがでしょうか。

次回はエクシブ八瀬離宮の旅 大浴場編になります。

tags: Cグレード,ラージ,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.