BLOG

2020.02.21

【施設】エクシブ箱根離宮

中古ECタイプ会員権で行くエクシブ箱根離宮の旅 翆陽編

エクシブ箱根離宮三日月の湯から戻り、もうひと眠りしたクラベールは目を覚ますと11時。
ザ、夕食どころか朝食さえも取らない利用です。(笑)

ホテルからするとこのようなお客さんって本当に嫌だろうなと思う訳ですが、エクシブの初歩的なシステムのおさらいをしましょう。エクシブ会員権バージョンタイプであれば年間13泊の権利があり、その権利の宿泊に関しては、食事を取らないといけないなどはありません。勿論、ホテルサイドからすると食事を取って欲しいなどあるのですが、食事を取るか取らないかは自由になります。
今回、クラベールは昨日の夕食をやまひこ寿司さんでいただいた事と朝食をみのもんたのおもいきっきりテレビしてしまった事により、あまりの申し訳なさから中国料理レストラン翆陽でお昼を食べてから帰る事にしました。

早速、中国料理翆陽の中に入ってみましょう。
こちらは中国料理レストラン翆陽のメインダイニングになります。メインダイニング中央に配置されたシンボルは永遠をテーマにしたもので古代の皇帝のダイニングをイメージして造られたものになります。

クラベールはどうせお昼を食べるなら何かテーマを持ってお食事をしたいと思うのですが、急遽思いついたテーマがエクシブ中国料理5000円ディナーと5000円ランチではどのように違うのか。になります。

そこでクラベールは5000円のランチコースをオーダーする事にしました。
一品目の5種前菜盛り合わせ、よくよく考えたら4種じゃね。😭まーそれは良いとして右上のシミは生ビール跡になります。(笑)まったく何を食べたのか覚えてないのがクラベールの良い所。
2品目がふかひれと蟹肉のスープになります。ほんのりゆずの香りがするとても美味しい一品でした。

エクシブホテルのお昼の営業についてここでお話したいと思います。エクシブホテルでは基本的には和食のレストランは営業をしていません。洋食レストランであればフレンチレストランも営業を基本的にはしてなく、中国料理レストランもしくは、ラウンジでお昼となるエクシブが大半になります。
3品目のオマール海老のブロッコリーのチーズ炒め。通常、エクシブ中国料理レストランの5000円のコースではオマール海老が出てくる事はありませんので、こちらの1皿がランチ5000円とディナー5000円のわかりやすい違いになるのではないでしょうか。

ホテルによっても異なりますが、洋食レストランをフレンチとイタリアンと2つのレストランがあるエクシブホテルではイタリアンレストランはお昼の営業をしている事が多くなります。
4皿目の金目鯛と彩り野菜の蒸し物。これは美味でした。

余は満足じゃ。古代中国の皇帝もこのような事を言っていたのでしょうか。それとも4種しかねーじゃんか。と百叩きの刑である。とでも命じたのでしょうか。(笑)
蒸し鶏と葱にシーズニング。シーズニングって何だよとなる訳ですが、調味料全般を油でならす事のようです。コトバンクで調べました。(笑)こちらの1皿がコースの中で一番のお気に入りになります。
最後はご飯ものである炒飯になります。

今回クラベールは中国料理翆陽の5000円ランチを楽しんだ訳ですが、5000円ディナーと比べると1皿多いという点と食材が5000円ディナーでは使われないものが使われているという点が異なる点と言えるでしょう。
最後のデザートになります。

tags: 中国料理,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.