BLOG

2019.02.12

【施設】芦屋ベイコート倶楽部

中古ロイヤルスイートで行く芦屋ベイコート再訪の旅 LUBANOで朝食を

今回の芦屋ベイコート倶楽部での朝食は洋食レストランLUBANOでアメリカンブレックファーストを取らせていただきました。こちらのLUBANOですが東京ベイコート倶楽部イタリアンレストランOZIO同様ベイコート倶楽部の会員さんという事でなくてもまったくリゾートトラストとは関係ないんだけどというお客様でもどなたでも一般のお客様に開放しているレストランになります。

そのため関西圏にお住まいの方でドライブがてら芦屋ベイコート倶楽部に行ってみようというお客様や現在リゾートトラスト会員権を検討されているお客様の中で少しだけ覗いてみようというお客様がいらっしゃったら芦屋ベイコート倶楽部のレストランの中で唯一一般利用出来るレストランなのでランチもしくはディナーに利用してみるんも良いかもしれません。

ちなみにこのLUBANOですが外来での利用は入り口が別になりますのでこのレストランLUBANOの中には入れますが芦屋ベイコート倶楽部のホテルの中には入れないような造りになっていますのでご注意下さい。
LUBANOのレストラン内装は青と白を基調とした芦屋ベイコート倶楽部のカラーを全面に押し出したドーム型の天井が特徴的なレストランでメインフロアのテーブルは全体が見渡す事が出来ました。又窓際のテーブルからはマリーナを見渡す事が出来どちらのテーブルについてもとても心地よい時間を過ごす事が出来るでしょう。

おそらく朝食の時間でしたので芦屋ベイコート倶楽部に宿泊されているお客様しか利用客はいないかと思いますが、ドライブがてらにランチデートなどに利用しても良いかもしれません。

このリゾートトラストホテルで提供されている朝食のアメリカンブレックファーストですがホテルによって料金は異なります。エクシブシリーズのアメリカンブレックファーストは2000円、エクシブ離宮で提供されている場合は2200円、今回クラベールがLUBANOでとらせていただいた芦屋ベイコート倶楽部のアメリカンブレックファーストは2500円になります。
一皿目のサラダとスープが提供される際にコーヒーやフレッシュジュース、パンなどが同時に提供されますが、人参とショウガのハチミツでしょうか。このフレッシュジュースは飲んだことない味でしたのでとても美味しかったですね。又、バターだけではなく、ハチミツにリンゴのコンポート、ジャムも用意されていて多様な味を贅沢に朝から味わう事が出来ます。
二皿目は半熟卵とサーモンになりますが、実はクラベール卵はハードボイルド派なのですが、こちらの半熟卵は絶対に食べるべきです。どうしても半熟卵が好きではないという方はスタッフに言えばオムレツであったりサーモンなども好きでない方はベーコンとほうれん草の炒め物に変更してもらう事が出来ます。実際クラベールの隣のテーブルのご年配のお客様は変更されていましたが、正直勿体ないと思いました。左側の得体のしれない物体が半熟卵になるわけですが外側に焦げ目がついているなんともなかなかお目にかかる事のない一品ですね。
三皿目がデザートのパンケーキになります。若い女性の方が行列をなして食しているパンケーキですがおそらく一般的なパンケーキとは異なるかと思います、芦屋ベイコート倶楽部のアメリカンブレックファーストはスタッフのサービス、雰囲気、外に見える景色、どれをとっても素晴らしかったですね。大抵、クラベールの朝食の優先順位は和食、洋食、バイキングの順番なのですが、たまには洋食での朝食も良いのかもしれません。

tags: 朝食,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.