BLOG

2019.04.20

【施設】ラグーナベイコート倶楽部

中古ベイスイート会員権で行くラグーナベイコートの旅 時宜で朝食を

今回のクラベールのラグーナベイコート倶楽部での滞在の朝食は和食にしました。これは以前の芦屋ベイコート倶楽部の滞在ラグジュアリースイート編、ロイヤルスイート編と続けて朝食の洋食を取ってしまうという大失態を犯したために、今回のラグーナベイコート倶楽部での滞在はちゃんと和食をチェイス致しました。(笑)
ラグーナベイコート倶楽部の和食レストラン時宜はなんとも恰好の良い造り。アッ。そうかラグーナベイコート倶楽部のテーマは近未来ラグジュアリーであったではないかと再度思い出させられるような造りとなっています。

レストランの扉を開けると見えてくるのがこちらの青と黒のシックなアプローチになる訳ですがこちらの通路を通過している時にエクシブ浜名湖の和食レストラン海幸を思い出しました。クラベールが初めてエクシブ浜名湖和食レストラン海幸を見た時になんと近未来的なレストランなのだと思いましたが、おそらくこの話はわかる人はほとんどいないと思いますのでやはりやめましょう。(笑)
おーこれがラグーナベイコートの写真でよく見た松かと思いましたが、クラベールは勝手に本物の松が飾られているのかと勝手に想像していたのですが、こちらは芸術品の一種という事になります。そのため近づいてみてみると色は緑色ではなく銀色になります。ちなみにですがレストラン内部はとても複雑になっています。食事中トイレなどに立つと戻ってこれない可能性大です。(笑)
基本的にはエクシブホテルにしろエクシブ離宮にしろベイコート倶楽部にしろ朝食は変わりません。ご飯もしくはおかゆと選べる事が出来るのも統一されています。一つ残念なのが東京ベイコート倶楽部の和食の朝食はご飯が一つ一つ窯で炊いたご飯が提供され目の前でお釜を開いて見せてくれる物凄く特別感があるご飯ですが、ラグーナベイコート倶楽部の和食レストランのご飯は東京ベイコート倶楽部の和食の朝食とは異なるものでありました。ちなみに東京ベイコート倶楽部、芦屋ベイコート倶楽部、ラグーナベイコート倶楽部で提供されている和食の朝食料金は同一の2800円(税別)になります。そのため芦屋、ラグーナの朝食は東京ベイコート倶楽部の朝食と比べると特別感がないのが残念です。
クラベールとしては同じ料金設定でお客様に提供するなら同じ特別感を出すべきだと思います。なんでしょうか。何故かもの足りなさを感じます。ちなみに物足りないというのは朝食の量のお話ではありません。満足度のお話になります。クラベールは今回4名でラグーナベイコート倶楽部を利用させていただいたのでサービス料なども含めると朝食だけでのお支払いは14000円ほどになります。とても高い朝食です。普通に考えると朝食に14000円はとても高額です。とても美味しい朝食でしたがどうにかならないでしょうか。
昨今リゾートトラストはなんとかホテルを利用しているお客様に食事をとってもらおうと試行錯誤の努力をしています。1泊2食のお得なプランなどの販売などいろいろしていますが、個人的にはお客様が満足する食事を提供する。こちらの方が先ではないかと思う朝食でした。
ラグーナベイコート倶楽部に限らず、各ベイコートホテルの和食レストラン時宜は全てのテーブルが個室もしくは半個室となっています。ご家族、ご友人とゆっくりとお食事を楽しむには良いかもしれません。

tags: 朝食,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.