BLOG

2020.12.15

【施設】横浜ベイコート倶楽部

中古ロイヤルスイートで行く横浜ベイコートの旅 お部屋編

今回、クラベールが宿泊したのはロイヤルスイート2名定員シティーサイドのお部屋になります。

第一希望としてはベイスイートハーバーサイド上階の希少部位を狙っていましたが、焼肉屋のカイノミと同じなのです。牛一頭から約3キロしか取れないその部位は開業間もない直前予約では食べる事は出来ないのです。

そのためにクラベールはルームチャージ半額券を使ってしまえ。という事でロイヤルスイートの予約をしたのですが、この横浜ベイコート倶楽部のお部屋に関してはいろいろと言いたい事は山ほどありますが、まず喫煙ルームの数の少なさと喫煙所はあるのはありますが、コロナ感染拡大予防のために全てクローズ、1階エントランス脇まで行かないといけない不便さ、また、レストランの予約の取りずらさは大迫半端ない。と言った感じでしょうか。
まず、このお部屋に関してはいろいろと言いたい事はありますが、このテレビ台のようなテレビ枠はどうなのだろうか?クラベールがこのセンスの良さを理解出来ないセンスない人間であったら構わないのですが、どうなのだろうか?と思うのです。。
又、お部屋のソファーはぶっちゃけ最悪ですね。先日に来た時は時間がなかったのでまったく感じませんでしたがこのソファーはどうなのだろうか。と思うのです。もうこれ以上触れるのは辞めよう。何言い出すかわからない。(笑)

とにかくこのソファー浅いのです。まったく寛げません。

横浜ベイコート倶楽部のお部屋のソファーはグレード、タイプに限らず窓脇に長細いソファーが設置されていますがびっくりするくらいの座り心地の悪さと格好悪さ。センスの欠片も感じる事が出来ません。六甲サンクチュアリーのソファーが懐かしい(泣)

一方ベッドルームとバスルームの出来はとても素晴らしいと言えます。このよくわからない枠に関しては触れませんが、女性の方でしたら高揚感上がる間違いなしの造りです。
ベッドルームから望むバスルームはこのような感じになります。横浜ベイコート倶楽部のバスルームは全てのお部屋がビューバスになります。右手にはシャワーブース、左手には洗面スペースがあります。
宿泊する階数や部屋向きによって変わるかと思いますが、インターコンチとは逆方面のお部屋でも景観はまったく悪くありません。
こちらのバスルームでまず注目すべきはバスローブの肌触り。もう天国バスローブです。これはエクシブ湯河原離宮のS,SEのお部屋のバスローブを超えたのではないだろうか。最近はあのバスローブもくたくたになってしまったのだろうかわかりませんが、まずバスローブは神レベルです。
シティーサイドは前方に何も遮るものがなく新宿の高層ビルまで見渡す事が出来ます。又、こちらのバスタブ内でもシャワーを楽しむ事が出来、クラベールはヒャー、ヒョーと言いながらバスタイムを楽しむ訳ですが奥さんに白い目で見られるのです。

裏ベール会員の方はこちらも一緒にお読みください。

ハーバーサイド、シティーサイド、喫煙ルームの数などの詳細はこちら

ロイヤルスイート2名定員の別タイプの間取り、景観、ルームチャージの詳細はこちら

tags: ロイヤルスイート,
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.