BLOG

2019.08.07

【施設】横浜ベイコート倶楽部

あと一年と迫った横浜ベイコート倶楽部

昨日、横浜への仕事帰りに横浜ベイコート倶楽部の建設現場近くまで行く事がありましたので少し足を延ばして横浜ベイコート倶楽部建設現場を見てきました。約半年ほど前にも横浜ベイコート倶楽部の建設現場を見てきたのですがこの半年で外観はほぼ出来上がっているというような感じでしょうか。
以前横浜ベイコート倶楽部の建設現場を訪れた時は横浜ベイコート倶楽部の特徴的な全面ガラス張りのデザインにはほど遠い骨組みだけでしたが現在は外観に関してはほぼ完成に近いシルエットとなっています。

これから1年かけて内装工事や外構や植栽などの工事をするのでしょうが素人目から見て工事状況は順調のようです。
この横浜ベイコート倶楽部は横浜観光をされるお客様にとってはとても素晴らしい場所に開業されます。最寄り駅はみなとみらい線のみなとみらい駅から5分もかからない場所になるわけですが、こちらのみなとみらい線は東京方面からお越しになる方は渋谷駅からの東横線が乗り入れてますのでリゾートトラスト施設の中でも断トツで交通の便が良い場所に開業致します。

このみなとみらい線ですが端から端まで乗るのに8分しかかりません。その間に6駅しかないのですが、この6駅はどような場所になるのでしょうか。

横浜駅
言わずと知れた神奈川県で最大のターミナル駅になります。駅前に高島屋、そごうデパートなど買い物だけに限らず、大歓楽街になります。

新高島
みなとみらい線で唯一の観光客には無縁の駅になります。

みなとみらい
横浜からの乗車時間はわずか4分、横浜ベイコート倶楽部の最寄駅になります。横浜を象徴するランドマークタワーやパシフィコ横浜、日本丸、アンパンマンミュージアム、カップヌードルミュージアムや遊園地コスモワールドなど、一日滞在しても周りきれません。

馬車道
赤レンガ倉庫はみなとみみらいと馬車道のちょうど間にあります。ヨーロッパの様な明治、大正にかけて建てられた町並みが残るのが馬車道から日本大通りになります。異国情緒を味わいながら散策するのも良いのではないでしょうか。

日本大通り
横浜駅に次ぐ歓楽街関内エリアにも徒歩圏で行く事が出来、横浜ベイスターズの本拠地横浜スタジアムにも歩いて行く事ができますし、中華街へも徒歩圏になります。

元町中華町
中華街の最寄り駅というだけでなく、元町散策、山手にいって西洋館、外交官の家などを見て回るというのも良いかもしれません。

この6駅は端から端まで乗車してもわずか8分になります。又、こちらの区間を一日500円で乗り放題で乗車できる赤い靴号という循環バスを利用する事も出来ますので参考にしてみると良いかもしれません。

この夏休み、お子様と一緒に出掛けてみてはいかがでしょうか。

tags:
記事一覧

カテゴリー

タグ


過去の記事

2020年

2019年

2018年

2017年


先頭
エクシブの購入売却はエクシブ専門仲介業者クラベールにお任せください
クラベール copyright© クラベール all right reserved.